アクセンチュアが激務なので辞めたい。コンサルの次は社内SE?

行きたい度Cランク
スポンサーリンク

アクセンチュアの離職率と退職者の辞めた傾向を見て、次の転職に失敗しない方法を書いていきます。

「カイシャの口コミ」や「就職四季報」の情報からフォーカスシステムズという会社がなぜ離職者が多いのか原因を調査しました。

結果、

現役エンジニアの私がアクセンチュアに対して「この会社に行きたい度」をA~Eの5段階で付けるとすると、

Cランク

私がアクセンチュアに勤めていたとするなら、「結局外資系のコンサルはハンパなく激務。お金は稼げるけど疲れたので転職したい。」と感じることでしょう。

その理由とアクセンチュアを辞めたい人へ次の転職先選びのポイントを書いていきます。

スポンサーリンク

アクセンチュアの情報が就職四季報にもほとんど載っていない。

まず離職率を知りたいと思い2020年度版の就職四季報を見てみましたが、3年後離職率がNAでした。

※NA=企業の返答なし

月の残業時間もNA。

平均年収もNA。

気になる数字は大体NAですw

返答ナシの項目は企業が就職四季報に数字を出すことでイメージダウンにつながると感じているから。

イメージアップになるなら公表するのが普通です。

アクセンチュアって昔から残業が多いブラックなんてことをIT系のエンジニアは噂していますが、やはり就職四季報を見る限り否定はできないでしょう。

アクセンチュアの口コミ

アクセンチュアの口コミでは何が呟かれているでしょうか。

気になる口コミをピックアップしました。

残業は多い方だと思います。だんだんと働き方改革のこともあり、厳しくはなっていますが、遅くまで残っている社員は多いです。ただ、それもプロジェクトに依存します。比較的少数精鋭ですので、上司と良い関係を気づくと融通をきかせてくれるようになります。
引用 https://en-hyouban.com カイシャの評判
運用部門になると常に携帯が鳴る心配をしなければならない。サーバーの運用保守を1人で任されている場合もある。
引用 https://en-hyouban.com カイシャの評判
マネージャーは150時間以上残業することもある。スタッフレベルの残業はなくしていこうという風潮があり、管理職以上にしわ寄せがきている感がある。
引用 https://en-hyouban.com カイシャの評判
ITコンサル中心であるため、コンサル職とエンジニア職が同じ環境で働いているが、コンサル職はエンジニア職とくらべ、難易度が低い割に給料は割高である。尚、エンジニアに関しては転職者は給与が下がるのが一般的で、優秀なエンジニアほど仕事を早く終えてしまうため、高い水準で仕事をこなしスピーディーに仕事を終えてしまう人間は給与も上がらず、社風が日系に近いことから長く仕事をしている人間のほうが評価をされる。
引用 https://en-hyouban.com カイシャの評判

見てて思ったのですが、アクセンチュアも客先常駐で仕事するエンジニアが少なからずいるということ。

中小の「コンサルティング」と社名についている会社って意外に「結局IT派遣で稼ぐ」というパターンが多いです。

コンサルって結局サービス業ですから、実態は派遣という感じなのでしょう。

客先常駐のエンジニアが休めない理由。有休30日無駄にした件。
客先常駐の派遣エンジニアとして経験がハンパない私。 社内SEとして勤務していた頃も結局所属先はSIer気取りの派遣会社。 客先常駐としてこれから勤務するエンジニアの方が気になることは、当然給料が一番でしょう。 それに次いで気になるのが...

エンジニア職の評価は低いというのは就職四季報を見ても分かります。

新卒の年収がコンサルとエンジニアで100万円違ってました。

そりゃ給料が思ったよりも安くて残業も多い(運用を1人でとかあり得ない)のであれば、転職を考えるのが普通。

キーワードとしては、「コンサルよりもエンジニアの方が評価低め」「残業多め(少なくはなってきたが・・・)」「離職率は高い」といった内容が特に目につきました。

アクセンチュアの社員が退職する理由として、

・エンジニアの評価(給料)は低い。

・プロジェクトの当たりハズレが激しい。残業もプロジェクトに左右され耐えられなければ辞める

・成果で評価されるというよりも、上司やプロジェクトの良し悪しで評価が来まる

給料面の満足度はコンサル業務をやっている人であれば高い感じでした。

エンジニアに関してはまあ普通。

あくまで客先常駐メインのようなので、ある程度のスキルを身に付ければ辞めていく人も多いようです。

これはエンジニア派遣をやっている会社であれば「あるある」。

スポンサーリンク

アクセンチュアを辞めたい人って次の転職先どこが良い?

アクセンチュアを辞めたい人へ次の転職先をおススメするのであれば、次のような社風の企業が良いでしょう。

・社内SE

・管理系の仕事

・客とあまりコミュニケーションを取らないITエンジニアの仕事に特化した現場

社内SEであれば、もう少し残業減り健康的な生活はおくれます。

また管理系の仕事もコンサルをやってきた人であれば、重宝されると思います。

ベンダーコントロールや社内対応程度の仕事であれば、アクセンチュアで経験を積んだ人だと余裕でこなせるでしょう。

もう少し精神的に楽な仕事ってのはキーワードになるかもですね。

運用一人でやってて、「休みの日も電話がかかってくるかも」なんて状況であればさっさと転職を勧めます。

まずは自分の希望を明確にした上で転職エージェントへ相談に行ってみましょう。

スポンサーリンク

今の会社に不満がある人、仕事が辛くて泣けてくる人に読んでほしい記事

やばい会社の特徴とは?IT系ブラック企業の見分け方は3つだけ!
IT系ってブラックなイメージ非常に多いですよね。 2chやニュースでの悪評がある為、世間のイメージはあまり良くありません。 今現在もすでにITブラック企業に勤務されていて、 「何とか転職して次は失敗したくない!」 こんな人もたくさん...
なぜ社内SEに転職希望者が増えるのか?人気の理由と注意点を紹介。
IT系の中でも人気の職種、それが社内SE。 「なんだか楽そう・・・」 そう思っている人も多いでしょう。 ただ何となく楽そうと思って転職すると失敗します。 ・社内SEに転職したいけど、メリットとデメリットを知り...
退職は割り切ることが重要。円満退社なんてする必要ない!
会社を辞めるときに気になるのが、円満退社。 出来るだけ迷惑をかけず退職しなければ。。。 大体の人はそう思うのではないでしょうか。 確かに残される人側からすると引継ぎをきっちり行ってほしい。 でも辞める...

コメント

タイトルとURLをコピーしました