ボールドの離職率って高いの?みんなが辞めた理由はこれ!(行きたい度Cランク)

ボールドというIT系企業について口コミサイトを調査していきます。

IT系企業というのは非常に離職率が高いイメージです。

というか私自身エンジニアをやってきて、毎月多い時で二桁の人間が辞めているところを見てきました。

果たして退職者はどういった理由で辞めているのか?

その理由を調査してみましょう。

Sponsored Links

株式会社ボールド

口コミサイトで離職の決定的な理由になったであろう書き込みを記載していきます。

評価制度が結果重視なため、達成するのが困難。そのため、昇給が難しい。
資格でGOLDレベル取得しても、顧客満足が高くない場合、目標すべて達成しても減給の扱いになる。人間力を重視している会社なため、未経験の人でも経験者より給料が多いことがある。未経験で入りたい場合はこの会社はいいかも知れませんが、現場入れられると放置が多い。現場で問題があって、相談しても、基本的に行動はしない。

毎月一回、平日午後8時から10時過ぎまで帰社日に強制的に帰らされる。
その他、土曜日二回ほど会社記念式典などに、強制出勤。
夜勤がある現場が、多々ある。
やりたい仕事など希望は、あまり受け入れられない。
経常利益がないにもかかわらず、新入社員50名ほどの受け入れと、支出。

確かに有休自体は取得できますが、出先の会社との契約の関係で、現在の会社とは「1カ月160時間以上」の勤務を行うことになっており、勤務時間がそれより少ないと、有給なのにもかかわらず給料からいくらか減らされることもある。

引用:https://en-hyouban.com/

現役エンジニアが気づいたこと

現役エンジニアの私が「この会社に行きたい度」をA~Eの5段階で付けるとすると、

Eランク

といったところでしょうか。

ボールドの退職キーワードは、

「現場の問題は放置しがち(以前は「放置しない」というのをウリにしていたが・・・」「自分のやりたいことは受け入れられにくい」「有休でも減給されることがある」

といったところです。

お金面のネガティブな書き込みも気になりますが、「自分が思っていた(聞いていた)条件と違った」という内容があれば、私の場合非常に警戒心をもってしまいます。

一番気になったのは「現場で問題があっても放置」というところでしょうか。

確か専任のフォロワーがいて、現場は放置しないというのを売りにしていたはずですが。。。

客先常駐系ではこの辺のフォローが薄いと不安になりますから、ちょっと転職は考えてしまいますね。

面接を受ける前には事前調査を行い、気になった点は面接で聞いちゃいましょう。

Sponsored Links
関連コンテンツ

フォローする

Sponsored Links