SKYが複数募集をしている理由は離職率が高いから?ブラックなのか調査してみる。

SKYというIT系企業について調査していきます。

IT系企業というのは非常に離職率が高いイメージです。

もしや、

「複数募集をかけている」=「離職率高め?」

言い切ることは出来ませんが、一つの指標になるかと思います。

会社の募集職種をまとめるだけでも参考になりますしね。

ではSKYに関してはどのような募集があるのか見ていきましょう。

※時期によって募集職種は違うので、参考値にしてもらえると幸いです。

スポンサードリンク

Sky株式会社

結構な数募集しているようですね。

【1つ目】

「SKYSEA Client View」を始めとする自社製パッケージソフトの開発業務をお任せします。

【2つ目】

社内システムの企画立案から構築、運用・提案・改善推進をお任せします

【3つ目】

サーバやクライアント、ネットワークなどのシステム提案・導入・保守をお任せ致します

【4つ目】

お客様に向けた自社パッケージソフトの提案・導入・サポートをお任せします

【5つ目】

ソフトウェアに対する検証・評価業務をお任せします

【6つ目】

業務系システムの要件定義・設計・開発をお任せします

【7つ目】

業務系システムの要件定義・設計・開発をお任せします

【8つ目】

業務系システムの要件定義・設計・開発をお任せします

引用:https://doda.jp/

6,7,8で被ってますねw

それだけ人がいないということでしょうか?

現役エンジニアが気づいたこと

2つ、3つ程度同時に募集しているケース(当然業務が違う場合)は許容範囲かなと思うのですが、それ以上一気に募集しているとなると、

離職率高めなの??

と感じてしまいます。

口コミサイトのキャリコネ 等を参考にしたり、情報収集も大事です。

興味がある業務内容がって、もし面接まで進んだのであれば「色んな職種で募集されている理由」なんかを聞いてみても良いでしょう。

中途で採用されたエンジニアのキャリアについて話が膨らむかもしれませんし、良い情報を面接官から聞き出すきっかけになる可能性はありますよ。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

フォローする

スポンサードリンク