日本オラクルの離職率って高いの?「行きたい度Cランク」のIT系会社を辞めた理由はこれ!

日本オラクルというIT系企業について口コミサイトを調査していきます。

誰もが知ってる有名企業ですが、結局大きい・小さいに関わらずIT系企業というのは非常に離職率が高いイメージです。

果たして退職者はどういった理由で辞めているのか?

その理由を調査してみましょう。

スポンサードリンク

日本オラクル株式会社

口コミサイトで離職の決定的な理由になったであろう書き込みを記載していきます。

営業職以外のボーナスは、いくら頑張って、結果を出しても出ないこともあり、定期昇給もないため、何のために目標を設定するのかわからなくなっている状況です。これに関しての、会社から説明もないです。

得られる経験が自社製品に片寄ってしまうことは事実です。また縦割り組織になっているので、領域もある程度範囲が限定されることもあります。いま、クラウドへのシフトが激しいので、その領域に縛られることも気になります。

製品ベンダーなので何をするにも自社製品がついてまわります。品質のよい製品であれば問題ないですが、そうでない領域の場合、製品の品質問題にかき回される可能性があることも。これは他のベンダーでも一緒だと思いますが。

引用:https://en-hyouban.com/

現役エンジニアが気づいたこと

現役エンジニアの私が「この会社に行きたい度」をA~Eの5段階で付けるとすると、

Cランク

といったところでしょうか。

日本オラクルの退職キーワードは、

「技術職の場合成果を出しても認められないケースもある」「得られる経験がオラクル製品に偏る」「製品の品質が悪いとクレーム地獄になるかも?」

といったところです。

お金面のネガティブな書き込みも気になりますが、「自分が思っていた(聞いていた)条件と違った」という内容があれば、私の場合非常に警戒心をもってしまいます。

さすがに天下のオラクルだけあって給料面で悪い書き込みは非常に少ないです。

その代わり、「知識の偏り、得られる経験が狭い」と言う内容がパラパラみられました。

幅広い知識を得たい人向けではないかもしれないですね。

面接を受ける前には事前調査を行い、気になった点は面接で聞いちゃいましょう。

自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ

転職エージェントに登録しているなら、エージェントから情報を聞き出すのも有効な手段かと思います。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

フォローする

スポンサードリンク