日本マイクロソフトの離職率って高いの?「行きたい度Aランク」のIT系会社を辞めた理由はこれ!

日本マイクロソフトというIT系企業について口コミサイトを調査していきます。

誰もが知ってる有名企業とは言え、IT系企業というのは非常に離職率が高いイメージです。

というか私自身エンジニアをやってきて、毎月多い時で二桁の人間が辞めているところを見てきました。

果たして退職者はどういった理由で辞めているのか?

その理由を調査してみましょう。

Sponsored Links

日本マイクロソフト株式会社

口コミサイトで離職の決定的な理由になったであろう書き込みを記載していきます。

テレワークが推進されているため、仕事とプライベートの時間管理を正しく実施しないと、ダラダラ残業していたり、逆にサービス残業になってしまう事も考えうる。よって、自己管理をきちんとしなければならない。

満足できない点(気になる点)は特に無い。気に入らないのであれば、知識や経験を増やして結果を出せば成果としての給与は出る。そうでないのであれば、その会社は辞めれば良い。よって、現在の会社の給与には満足している。

マネージャー職については
若干フォローが甘く、前職での経験値や個人のスキルに頼ってる面がある。
営業については良くも悪くも外資系で、実力と結果(数字)が常に求められ、特に米国本社からの指摘が入ると状況が一変するなど臨機応変な対応が必要になるため、安定を求める人には向いていない。

引用:https://en-hyouban.com/

現役エンジニアが気づいたこと

現役エンジニアの私が「この会社に行きたい度」をA~Eの5段階で付けるとすると、

Aランク

といったところでしょうか。

日本マイクロソフトの退職キーワードは、

「自己管理を徹底しないといけない」「同じことを淡々としたい人向けではない」「上司のフォローを期待し過ぎてるとギャップがありそう」

といったところです。

お金面のネガティブな書き込みも気になりますが、「自分が思っていた(聞いていた)条件と違った」という内容があれば、私の場合非常に警戒心をもってしまいます。

さすがに天下のマイクロソフトだけあって給料面で悪い書き込みは非常に少ないです。

その代わり、自己の能力を求められるので日々勉強が必要なのかなと。

仕事のやりがいは凄くありそうですよね。

面接を受ける前には事前調査を行い、気になった点は面接で聞いちゃいましょう。

自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ

転職エージェントに登録しているなら、エージェントから情報を聞き出すのも有効な手段かと思います。

Sponsored Links