sysprepを実行した後タスクバーのショートカットが消える対応策。edgeを消したい!

端末キッティング作業を行う時に必須のsysprep。

最近はwindows10の対応で使う人も多いでしょう。

そこそこ情報が出てきてはいますが、備忘録的に色々残していきたいと思います。

まずはタスクバー。

何も対応せずsysprepを実行した後、新しいユーザーでログイン。その後タスクバーを見てみると、、、

storeアイコンとedgeのアイコンが表示され、本来ピン留めしていたショートカットがない。

なかなか厄介ですね。

xmlを所定のフォルダに置いておけばOK

スポンサードリンク

対応策は以下の記述を拡張子xml(ファイル名:LayoutModification.xml)にして、

 “C:\Users\Default\AppData\Local\Microsoft\Windows\Shell” に格納するだけ。

<?xml version=”1.0″ encoding=”utf-8″?>
<LayoutModificationTemplate
xmlns=”http://schemas.microsoft.com/Start/2014/LayoutModification”
xmlns:defaultlayout=”http://schemas.microsoft.com/Start/2014/FullDefaultLayout”
xmlns:start=”http://schemas.microsoft.com/Start/2014/StartLayout”
xmlns:taskbar=”http://schemas.microsoft.com/Start/2014/TaskbarLayout”
Version=”1″>
<CustomTaskbarLayoutCollection PinListPlacement=”Replace”>
<defaultlayout:TaskbarLayout>
<taskbar:TaskbarPinList>
<taskbar:DesktopApp DesktopApplicationLinkPath=”%APPDATA%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Accessories\Internet Explorer.lnk”/>
<taskbar:DesktopApp DesktopApplicationLinkPath=”%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Accessories\Paint.lnk” />
<taskbar:UWA AppUserModelID=”Microsoft.Office.Word_8wekyb3d8bbwe!microsoft.word” />
</taskbar:TaskbarPinList>
</defaultlayout:TaskbarLayout>
</CustomTaskbarLayoutCollection>
</LayoutModificationTemplate>

参照:https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/configuration/configure-windows-10-taskbar

新しいプロファイルが作られるタイミングでこのxmlを読みに行くようです。

PinListPlacement=”Replace” でデフォルトのタスクバーにセットされるedgeやstoreアイコンを消すようです。

そして「DesktopApplicationLinkPath」のところにピン留めしたいアプリを書けばOK。

ローカルユーザーで試したところうまく反映されました。

ローカルユーザーではOK。sysprep後は失敗

これでいけるかな、と思ったら不十分でした。

sysprepを実行すると “C:\Users\Default\AppData\Local\Microsoft\Windows\Shell” に格納したxmlが消えてしまう。。。

であればプロファイルを作るプロセスの後にscriptでshellフォルダにxmlをコピーしてしまおう。

1.C:\Windows\Setup フォルダに「Scripts」というフォルダを作る

2.そのフォルダに「SetupComplete.cmd」と「タスクバーをピン留めするxml」を格納

3.「SetupComplete.cmd」ファイルにコピーコマンドを書いておく

例)COPY /V /Y C:\Windows\Setup\Scripts\LayoutModification.xml” “C:\Users\Default\AppData\Local\Microsoft\Windows\Shell”

参考:https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/hardware/dn898472(v=vs.85).aspx

これを作っておくことでsysprep後もタスクバーにエクスプローラーとInternet Explorerが表示された状態になりました。

なかなか奥が深いsysprep。

<お知らせ>

IT系に関するサポート始めました。

パソコン修理やITシステムに困りごとある個人/企業様問わず是非ご相談ください。

特設HPはこちらです。 → https://yourpc-build.com/

スポンサードリンク
関連コンテンツ

フォローする

スポンサードリンク

コメント

  1. 修理屋CE より:

    お世話になります。
    今win10PCSYSPREP作業でちょうどこの症状にあたっています。
    質問よろしいでしょうか?
    ①WIN10のバージョンはいくつでしょうか?当方V1809です。
    ②対応策は以下の記述を拡張子xmlにして、
     “C:\Users\Default\AppData\Local\Microsoft\Windows\Shell” に格納するだけ。とありますが、この作業も必要ですか?
    ③C:\Windows\Setup フォルダに「Scripts」というフォルダを作り、そのフォルダに「SetupComplete.cmd」と「タスクバーをピン留めするxml」を格納とありますが
    「タスクバーをピン留めするxml」とは上のほうで書かれているXMLファイルのことでしょうか?また今回の場合、名前はtask.xmlでよろしいでしょうか?
    参考にさせていただきましたが、上手くいかなかったのでコメントしました。
    よろしくお願いいたします。

    • engineer より:

      コメントありがとうございます。
      ①WIN10のバージョンはいくつでしょうか?当方V1809です。
      →私の場合は1803で実施していました。

      ②対応策は以下の記述を拡張子xmlにして、
       “C:\Users\Default\AppData\Local\Microsoft\Windows\Shell” に格納するだけ。とありますが、この作業も必要ですか?
      →sysprepを実行する場合は不要です。ただ作ったxmlで問題ないかsysprepを実行する前にローカルユーザーで検証するため一旦xmlをshellフォルダに格納し試してみるのは有効かと思います。

      ③C:\Windows\Setup フォルダに「Scripts」というフォルダを作り、そのフォルダに「SetupComplete.cmd」と「タスクバーをピン留めするxml」を格納とありますが
      「タスクバーをピン留めするxml」とは上のほうで書かれているXMLファイルのことでしょうか?
      →上で書いているxmlで大丈夫です。

      >また今回の場合、名前はtask.xmlでよろしいでしょうか?
      →ここの例が良くなかったですね。LayoutModification.xmlというファイル名にして頂ければと思います。
      ブログのほうも修正しておきました。