iphoneの容量を増やして充電も出来る?容量もバッテリーも気にせずガンガン写真・動画を保存できる裏技。

SDカード等の外部保存領域が限られているiphone。

購入の際に大きな容量のモデルを買えばよいのですが、結構な金額になりますし出来れば写真や動画は残したい。可能な限り持ち歩いていつでも見たい。

そんな要望に応え、尚且つモバイルバッテリーとしても使える便利なガジェットを紹介します。

スポンサードリンク

LINK Power Driveが超便利!

1台3役をこなる万能ガジェットLink Power Driveです。

iphoneと接続して専用のアプリ「Power Drive LT」(無料)を起動すると写真や動画データの保存が出来ちゃいます。

またドライブ内の音楽データ再生にも対応できますので、音楽をLink Power Driveに保存して容量を節約すれば16GBのiphoneもいつもより多くのアプリをインストールできます。

結構音楽データって容量食いますからね。

そして繋ぐと充電が始まります。これがホントに良い機能ですよね。

旅行とかには超便利だと思いますよ。

「写真と動画撮りまくって、Link Power Driveに保存。ついでに充電までしちゃう」

ありそうで無かった割と画期的な商品ですよね。

来年海外旅行計画してるんで、丁度こういうアイテム探してました。

ちなみにリチウムイオンバッテリーは飛行機にも持ち込めますが、預かり荷物には入れることが出来ないので注意が必要です。

まとめ

「16GBのiphoneだけど、容量不足に悩んでる」って人にはおススメですね。

「モバイルバッテリー検討してる」って方もLink Power Driveなら外付けの保存容量としても使えるので、格安のバッテリー買うよりも断然こちらのが良いと思います。

是非検討してみて下さいね。

スポンサードリンク