ブログ記事がリライトで復活したと思ったらまた圏外。SEO対策の仮説を立ててみた。

IT技術
スポンサーリンク

以前ブログ記事をリライトしたら復活した話を書きました。

9/30に10位だった記事が10/4に80位まで落ちているw

※細かく検索順位が分かるのはGRCというツールを使っているからです。めちゃくちゃ使い勝手良いですよ。

検索順位が、見える。検索順位チェックツールGRC

Google先生の考えていることが良く分かりません。

ただ調査しているとどうも悪いことばかりではありませんでした。

スポンサーリンク

この数日で検索圏外に落とされる。SEOの仮説を立ててみる

元々以下の「mono」という血液検査の数値を取り上げた記事が圏外に飛ばされたので、リライトを行いました。

MONO値が血液検査で高いなら無視するのは絶対間違い。厄介なことになる前にケア!
血液検査の「MONO」という項目皆さんご存知でしょうか? 恐らく知らない人が圧倒的に多いかと思います。今回は健康診断で「MONO」値が高かった場合どんな病気のリスクがあるのかというお話です。 血液の中には、赤血球・白血球・血小板といった...

元々この記事、

「血液検査 mono」というキーワードで検索上位に来ていた記事です。

GRCで計測すると現在は87位。

4日前までは10位。

落差すごいですね。

この数日間に「血液検査 mono」というキーワードだと私の記事は評価されなかった。

正直原因は分かりません。

それだけだと何も解決しないので、仮説を立ててみました。

「血液検査 mono」というキーワードでは圏外になった。でも他のキーワードで上位に来た可能性は無いのか?

確かに記事のリライトと同時にタイトルも変更しています。

ということは、別のキーワードで上位に来てる可能性もあるのでは?

スポンサーリンク

調査してみると別のキーワードで評価されていた

対象の記事のタイトルです。

血液検査のMONO値が高ければ無視するのは絶対間違い。厄介なことになる前にケア!

タイトル変更前には「高ければ」という言葉を入れていませんでした。

リライトとSEO対策を今回施した際に挿入したものですが、これが影響しているのでは?と考えました。

「mono値 高い」というキーワードでGRCを使い調査すると、

10位に来ていました!

別のキーワードで評価されていたので安心しました。

出来れば想定していたキーワードで評価されたいところでしたが、まあ結果オーライです。

※ちょくちょくタイトル変更を検証の為行います。あなたがこの記事を見た時には上記のMONO値のタイトルまた変わってるかも知れないので、ご了承くださいね。

スポンサーリンク

圏外に飛ばされた記事はリライトで別のキーワードを狙うのもあり

今回の結果で思ったことがあります。

Googleのアップデートで圏外に飛ばされた記事をリライトし、別のキーワードで上位表示するという施策は試す価値あり

圏外飛ばされたのであれば、そのキーワードは諦めて少しだけ内容とタイトルを変更し別の記事として生まれ変わることも可能。

折角なので再利用したいですし、圏外飛ばされたからって非公開にするのはもったいないですからね。

少なくとも評価されてきた記事ですから絶対需要あります。

諦めずにリライト。これ重要。

コメント

タイトルとURLをコピーしました