Windows10のsysprepでエラー連発!surfaceをクローニングして大量展開してみた。

Sponsored Links

最近surfaceを十数台企業用に展開するというミッションに取り組んでいます。

さすがに手作業で設定を入れるのは面倒。。。

昔はSymantecのghostってソフトウェアでクライアントイメージを大量展開してましたが、どうやらライセンスの関係でwin8以降は難しいとのこと。

ってことで別の方法を考えた、というか最近は「Windows展開サービス(WDS)」なるものが一般的のようです。

ghostぐらいしか使ったこと無いのですが、意外にいけそうだったのでとりあえずやってみました。

意外なところで躓く。。。

展開サーバーの構築は色んなサイトに書いてあるので割愛します。

まあ構築なんてサービス突っ込めばできますからねw

私が躓いたのは以下の点。

1.PXEブートでイメージを流す予定だったが、そもそもsurfaceには有線のNICがない

2.sysprepを実行してみたが、エラー連発(特に1709のバージョンでsysprepを実行する場合は要注意)

こんな感じです。

まず一つ目ですが、USBで接続できるLANアダプターで解決しましたが、これどうやらMicrosoftの純正品でないとPXEブート出来ないようです(もしかしたら色んな商品試せばイケるかも知れませんが。。。)

あるいは、ブートだけDVD等のメディアで実行してイメージはネットワーク経由で取得できるかも?って方法を考えてみました。

参照:http://www.vwnet.jp/windows/ws08/wds/wds.htm

こちらのサイトが参考になるかもです。

そして2つ目の問題

で、大量展開に必須なツールsysprep。

これ今回エラーでまくりました。

1709にアップデートしたイメージを展開する場合は特に要注意。

参照:https://qiita.com/BoiledEgg1987/items/b1d0a2fac70cb95a1918

こちらのサイトにありますが、windows.oldフォルダからMiracastViewフォルダをコピーして対応する必要があります。

それでもエラーが出る場合は以下をご覧ください。

参照:http://blog.coderevo.net/?p=231

このサイトに書いてある内容で大体解決すると思います。

私の場合それでもsysprepは上手くいきませんでした。

なぜ??

そもそも根本的に考えが間違ってた

昔XP時代だったと思うのですが、OEM版がインストールされている端末に必要なアプリケーションをいれ、応答ファイルにボリュームライセンスキーを入れれば確か展開できたはず。。。

※10年前の記憶なので、もしかすると記憶違いかも。。。

勝手な思い込みが時間を無駄にしましたw

ボリュームライセンスを購入していてダウンロードセンターにログインし、OSイメージを取得。

ダウンロードセンター   https://www.microsoft.com/Licensing/servicecenter/default.aspx

そしてsurfaceにOSを再インストールした状態であればsysprepは実行されるようです。

ちと初歩的なところが間違ってました。

というか私の記憶がおかしかった??

まあ一つ勉強になりました。

Sponsored Links
Sponsored Links
関連コンテンツ

フォローする

Sponsored Links