DNSにAレコードを追加したのに消えた!Windows Server 2012 R2でのトラブルを解説。

IT技術
スポンサーリンク

先日ファイルサーバーの移行作業を行いました。

移行に伴いIPアドレスも変更。

変更前のIP:192.168.100.101(ホスト名:file-sv)
変更後のIP:192.168.100.201(ホスト名:file-sv)

ホスト名は同じでIPアドレスのみ変更するという要件。

となるとDNSのレコードも変更必要ですが、まさかのトラブルに見舞われました。

スポンサーリンク

DNSにAレコードを追加。10分後なぜかレコードが消えていた

今回の環境はWindows Server 2012 R2。

プライマリとセカンダリの2台構成です。

プライマリのサーバーにログインし、DNSのゾーンを見てみるとホスト名:file-svのレコードが無い。

ここで頭に「?」が浮かびましたが、無いのでAレコードを登録してみました。

すると問題なくAレコードの追加は完了し、対象のゾーンに「file-sv 192.168.100.201」が表示されていました。

確認としてクライアント側でエクスプローラーから「file-sv」にアクセスすると共有フォルダを確認できる。

問題なさそうと思ってnslookupを試してみると、

file-sv 
adresses 192.168.100.101 192.168.100.201

IPが2つ確認できる。

ん?確かにプライマリのDNSにレコードは無かったはず。

もう一度DNSのゾーンを見ると、

先ほど登録できていた「file-sv 192.168.100.201」が消えている

どういうこと??

スポンサーリンク

AレコードはWindows server 2012 R2で構築されたセカンダリにあった

正直良く分からなかったので、何となくセカンダリサーバーのDNSを確認。

すると、

「file-sv 192.168.100.201」
「file-sv 192.168.100.101」

この2つのAレコードが存在している。

だからnslookupで2つ出てきたのか。。

ってことで「file-sv 192.168.100.201」を削除。

するとnslookupも「adress 192.168.100.101」しか表示されなくなりました。

なぜプライマリサーバーのDNSにAレコードを登録し、しばらくすると消え、さらにセカンダリサーバーにAレコードが現れるのか不明。

同期なら分かりますが。。。

とりあえず解決したので良しとしますが、Windows Server2012 R2の本は持っているので調査は必要ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました