Windows7 proの延長サポートって中小企業でも受けれるの?大人しく10にしたほうが絶対良い

IT技術
スポンサーリンク

Windows7のサポートがいよいよ終わりそう。

2020年1月には終わってしまいます。

それまでにはWindows10にアップデートしないとセキュリティパッチの配信がストップし脆弱性を突かれた攻撃に合ってしまうかも!

全く機器調達を進めていない。セットアップ作業する人員もいない!オワタ!

こんな中小企業も多いでしょうね。

ただWindows7の延命処置は無いわけではない。

有償でのWindows7延長サポートは実施してくれるようです。

スポンサーリンク

Windows7 proでも延長サポートを受けれるようだ

私の知っている情報だとWindows7 Enterprise版でしか延長サポートは受けられないとのことでしたがどうやらpro版でもいけるようです。

Microsoftが一部のパートナーやフィールド営業担当と共有したと言われる情報によると、Windows 7 ESUは、「Windows 10 Enterprise」と「Microsoft 365」の顧客向けには「アドオン」として提供されるようだ。1年目(2020年1月から2021年まで)はアドオンは1台あたり25ドル、2年目(2021年1月から2022年まで)は1台あたり50ドルに値上がりする。そして3年目(2022年1月から2023年1月まで)は1台あたり100ドルとなる。Proを利用していても、ボリュームライセンスにおいてWindows Enterpriseの「アクティブ顧客」とみなされていれば、この価格が適用される。

 Windows 10 Enterpriseではなく、Windows 10 Proを使いたい顧客は、ESUの価格は高くなる。1台あたりの価格は、1年目は50ドル、2年目は100ドル、3年目は200ドルとなる。

引用:https://japan.zdnet.com/article/35132328/

ESUというのは所謂「延長サポート」のことです。

この記事では「ボリュームライセンス版」でないと延長サポートは受けれないと記載があります。

中小企業だとOEM版(もともとインストールされているwindows)ばかりかと思うのですが、やっぱ延長サポートは無理なのか。。。

と思ったら、もう一件良い情報が展開されています。

マイクロソフトは、2020年1月14日にサポートが終了する「Windows 7」の延長サポートプログラム「Windows 7 Extended Security Update(ESU)」をすべての規模の企業向けに提供すると発表しました。日本マイクロソフトによると、日本の法人ユーザーも対象となるとのことです。

Windows 7 ESUは、Windows 7やOffice 365のセキュリティアップデートや重要な更新を、OS自体のサポートが切れた後も有償で提供するというプログラム。導入するPC1台ごとに加入が必要となり、提供価格は毎年上昇する仕組み。どうしてもWindows 7から移行できない場合に加入が推奨されます。

引用:https://japanese.engadget.com/2019/10/04/windows-7/

なんと!

日本の法人ユーザーすべて対象になるとマイクロソフトが方針転換したようです。

販売代理店を通す必要があると思われますが(値段が高くなる)、朗報です。

Licensing Solution Partner (LSP) 一覧 - マイクロソフト ボリューム ライセンス
中・大規模組織向けボリューム ライセンス プログラムは、マイクロソフト認定の Licensing Solution Partner (LSP) よりご購入いただけます。

日本におけるLicensing Solution Partner17社に問い合わせてみると良いかも。

スポンサーリンク

お金と人員に余裕があるならWindows10にした方が良いに決まってる

Windows7の延長サポートについて書いていきましたが、可能であればWindows10に入れ替えたほうが絶対良いのは間違いないです。

マイクロソフトも延長サポートはあくまで延命処置であって早めにWindows10にしろよってのは言い続けてますからね。

時間と人員が足りないので1年延長サポートを契約。その間に移行スケジュールを考える

不要パソコンは売ることもできます。
古いものはこちらで売ってみては??
全国送料無料!
カンタン宅配買取なら【エコファ宅配買取】

少なくともWindows10にいつかは変えないといけないので、めんどくさがらずにスケジュールを立てましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました