ファイルコピーでwordpressのドメイン名変更が出来ない。ロリポップを使っている人必見!

ドメインを安く取得したのは良いのですが、更新料が高くてドメイン変更を先日行いました。

安くドメイン名を取得、でも翌年の更新料にびっくり!ドメインの料金設定は確認必須。

ドメイン名の変更だけなので、パパーっと出来るかと思ったのですが少し手こずったというお話です。

「wordpress ドメイン名のみ変更」ってな感じで検索すると出てくる手順があったので参考にしてみました。

WordPressサイトのドメイン名だけ変更、移転する場合の手順

この手順ですが、「旧サイトのファイルを一式ダウンロードして、新たにサーバーに作成した新サイトのフォルダにアップロードする」っていうような内容です。

私はこれで上手く行きませんでした。

なぜ上手くいかないのか?

データベースとかの設定も必要なのか?と思ったのですが、全く別の手順で進めました。

旧サイトのデータをそのまま活用

ちなみに私が利用しているレンタルサーバーはロリポップです。

今回参考にさせてもらったサイトはこちら。

wordpressのドメイン変更(URL変更)をする方法|ロリポップに問い合わせた内容

この手順は簡単に言うと、

「旧サイトと新サイトの公開フォルダは同じ」

公開フォルダが同じなので余計なファイルを作成することはありません。ダウンロード・アップロードも不要です。

最初に紹介した手順は、

「公開フォルダは別。中身は旧サイトからコピーしているので内容は同じ」

ファイルはコピーして同じものを作っているつもりでも、新たに公開フォルダを作っているので何か余計な設定が必要な感じです。

実際上手くいかなかったですし。

何とか公開フォルダを同じにする手法で問題なくドメイン変更が完了しました。

ただ一つ問題があります。

301リダイレクトは忘れずに

スポンサードリンク

このままだと、旧サイトのURL/新サイトのURLどちらでもアクセス可能になっています。

なので、旧サイトのURLにアクセスした時には新サイトのURLに飛ぶ設定を入れる必要があります。

それが301リダイレクトです。

この設定を入れることで検索サイトにも「旧サイトから新サイトにURL変更になりましたよー」とお知らせすることにもなります。

手順は簡単。

wordpressをインストールしているフォルダにある.htaccessというファイルを書き換えればOK。

RewriteEngine On
RewriteBase /
のあとに

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^〇〇.jp [NC]
RewriteRule (.*)$ http://××.com/$1 [R=301,L]

というものを付け加えました。
〇〇.jp となっているところは以前のドメイン。
×× となっているところは現在のドメイン。

これで以前のドメイン http://〇〇.jp/ にアクセスしても http://××.com/ にリダイレクトされているはずです。

ドメイン名変更したとgoogleにも伝えておこう

これだけで実際OKですが、googleのウェブマスターツールにも変更を加えておきましょう。

安くドメイン名を取得、でも翌年の更新料にびっくり!ドメインの料金設定は確認必須。

最初に紹介したページに詳しく載っていました。

これは参考になります。

また、アナリティクスの変更も必須です。

非常に簡単にこちらは出来ます。

アナリティクス設定>プロパティ>プロパティ設定
アナリティクス設定>ビュー>ビュー設定

ここにある旧サイトのURLを新サイトのURLに変更すればOKです。

ここまでやれば完璧!

サイトの評価も引き継がれますし、ブックマークをしていたユーザーさんも困ることは無いでしょう。

「ドメイン変更だけだから簡単!」と思ってても意外に抜け漏れがあったり、落とし穴があるので注意してくださいね。

スポンサードリンク