クラウドワークスの在宅案件はコンペ形式がおススメ。採用されると報酬がデカイ!

クラウドワークスの在宅案件って信用できるのか?って記事を以前書いてみました。

クラウドワークスの在宅案件は信用できる?コピペで稼げるとは本当か??

正直稼げないor単価が低すぎて割に合わない案件が半分以上と感じています。

とは言え、結構良い案件もあります。

それがコンペ形式の案件。

個人ではなく企業からの依頼も多い為、信頼度もありますよ。

コンペ形式の案件ってどんなの?

クラウドワークスの会員前提で話します。

※会員になる方法は色々なサイトに書いてあるので、グーグル検索で調べてみて下さい。

トップページにタブがあると思います。

それの「コンペ」と書いているところをクリックします。

すると大量にコンペ形式の案件が出てきます。

具体的にどんな案件なのか見ていきましょう。

スポンサードリンク

コンペ形式案件の詳細

コンペ形式の案件はこんな感じで出てきます。

<タイトル>

〇〇会社のキャッチコピー

<目的>

ホームページなどのキャッチコピーを考えています。

<依頼>

ドライバー不足と言われる中で、これから入社を考えているドライバーさんや自社ドライバーさん、ご家族が安心できるような、誇りに思えるようなキャッチコピーをお願い致します。

すごくシンプルな依頼です。

キャッチコピーを考えて投稿するだけですね。

採用されればこの案件は「10,800円」貰えます。

5分考えて投稿すれば良いだけですよ!?

1文字単価0.1円でライティングの仕事をやるよりも非常に効率的です。

当然採用されないとダメだけど、やらないよりはマシ!

たくさんのライターが応募してくるので、競合が100人ぐらい発生するのは当たり前です。

でも通勤途中にちょっと考えて投稿するだけで良いわけですから、気になるならやった方が絶対よいです。

最初は採用されず折れるかも知れませんが、必ず採用されるときは来ますしコピーの考え方もうまくなります。

真剣に粘り強くやった人が勝つ。

それがビジネスの世界なのでは無いでしょうか。

スポンサードリンク