ソフトバンクから格安SIMに乗り換えてみる。どの業者が良いのか?

格安SIM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

格安SIM提供業者(MVNO)の選定

こんにちは文系エンジです。

前回の続きです。

ソフトバンクにお支払する回線料金が貧乏社畜の文系エンジにはとても高いので、格安SIMに変更するまでの手順を書いていきます。

まず最初は格安SIMを提供している業者「MVNO」Mobile Virtual Network Operatorの選定から始めました(MVNOって小難しい感じですが、「格安SIMとりあつかってる会社」ぐらいの認識でいいと思います)

業者選定は後回し・・・

いきなり本末転倒になってしまいますが、実は私の場合業者から決めておらず。。。

実は使いたい端末が元々あったので「その端末に適合するSIMを扱って異業者」 or 「その端末を販売している業者」この観点で探していきました。

ほしかった端末というのが「HUAWEI P9」です。

 

家電量販店でみたら、動作ヌルヌルでめちゃよかったんです。。。(端末のレビューはまた今度)

少し話が逸れてしまいましたが、このP9は以下の特徴があります。

「docomo回線のSIMカードしか適用できない」

割と知らない人多いようなので、P9検討中の方は気を付けてください。

いや、ほしい端末選んでから格安SIM業者選定している方は、該当の端末がどの回線が使えるのか調べてからでないと余計にお金かかってしまうので注意ですよ。

やっと業者選定

P9の特性上、docomo回線の業者を中心に見ていくしかなかったので、回線品質がとにかく優秀な「UQ mobile」は除外となりました(KDDI の回線みたいですね)

格安SIMって正直どこも安いので「安定した回線品質」これを実現しているところはあるかというのを見ていったのですが、色んな意見があるので正直、

使ってみないと分からないw

のでそれ以外の要素で2つに絞りました。

「dmm mobile」・・・容量ごとに細かいプランが豊富。プラン変更に手数料はかからないので、状況に応じた選択ができそう。毎月支払いの10%をdmmのサイトで使えるポイント還元してもらえるのも魅力。(ただこのポイント、有効期限が一か月。。。なので、「安い電子書籍や動画が毎月ひとつ手に入る」ぐらいに考えたほうがいいですね)

「楽天モバイル」・・・一定の間隔でやっている「楽天スーパーセール」が魅力的。P9もセールで半額になってましたが、瞬殺で売り切れてました。。。あとは「楽天5分かけ放題オプション」がいいですね。5分以内ならどこに電話しても無料というプランです。

選定結果。。。

かなり迷いましたが「dmm mobile」にしました。

楽天に無い「8GB」の音声通話プランが魅力だったのと、細かいプラン設定がされているので必要に応じて色々変更できるのが決め手となりました。

※ちなみに契約後に再度「楽天スーパーセール」でP9が半額セールになっていたので、目がテンになりました。iphone7の発売日付近にセール告知があったので、スマホのイベントがありそうな時期には楽天はチェックしたほうがよさそう。くやしー。

dmm mobileでしばらくスマホ生活

セールの予測ができず残念ではありました(予測が出来ていれば確実に楽天にいってたw)

ただ今のところ回線は安定してますよ。

使い勝手やそれ以外のレビューはまた別の機会に。

次は「端末を選定するまでの経緯」について書いていきます。

関連記事1・・・ソフトバンクから格安SIMに乗り換えてみる。どの業者が良いのか?

関連記事2・・・dmm mobileの格安SIMに変更するまでどのぐらい時間かかるのか?

関連記事3・・・iphone7も爆発するから、別の端末に機種変してみた

関連記事4・・・DMMのスマホで通話料削減!通常の料金より半額で使える

関連記事5・・・ソフトバンクからMVNOに変更手続き開始。料金どのくらい安くなるか確認しておく。

関連記事6・・・ソフトバンク解約!DMMモバイルに加入してみる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました