iphoneから格安スマホに機種変して良かったこと、悪かったことを考えてみる。

日本で一番使われているスマートフォンと言えば「iphone」でしょう。

電車で見渡してみてもほとんどがiphone持ちです。

かく言う私も3か月ぐらい前までiphoneを使ってました。

iphone4(2年) → iphone5(2年) → iphone6 plus(2年)

私のリンゴさんとのお付き合いはこんな感じ。

思い返すと6年も使ってたとはw

iphoneに目新しさが無くなってきた

最初は「iphoneかっけー。ヌルヌル動く!」って感じで持ってて凄く楽しかったです。

iphone4って確か初代のXperiaも同時期に出てたんですが、

・バッテリーの持ち具合

・動作のサクサクさ

・アプリの量

どれをとってもiphone圧勝!ってな感じでした。

でも6年も持ってるとさすがに飽きてきますし、iphone7が発売された際、特に購買意欲を刺激されるような機能は無かったので機種変を決意!

「格安スマホに変える!」

そもそも携帯代が高くて・・・

そう、通信費高いと常々思ってました。

機種代が実質0円~1,000円程度とは言え、10,000円ぐらいは毎月払ってました。

これを機会に3大キャリア(私はソフトバンクでした)を卒業し、MVNO(格安の通信料でスマホを使わせてくれる会社)デビューを敢行!

その結果、、、

スポンサードリンク

約10,000円の通信費を → 1,910円まで落とすことに成功!

破格ですわw

ほとんど通話しないので、8,000円も節約することが出来ました。

ここで一つポイントです。

格安SIMと格安スマホを混同している人もいますが、別物ですから注意してくださいね。

良く分からない人の為に言い換えると、

格安SIMを提供してくれる会社(MVNO) = 通信費が安いドコモ

格安スマホ = 安いiphone

→ 格安スマホに格安SIMを装着すると初めて使えるようになる

こんな感じに覚えておいて良いでしょう。

「安いiphone」なんて言うと誤解を招くかもしれませんが、あくまでたとえです。イメージ出来れば実際に検討する時に混乱しなくて良いですね。

通信業者とスマホが両方揃って、使えるようになるわけです。

良かったこと、悪かったこと

格安スマホ+格安SIMに変えて良かったことは、とにかく通信費が安くなったことに尽きます。

端末も満足してます。

悪かったことは、APPstoreで買ったアプリ達とお別れしたことですw

iphone6 plusは格安スマホに変える資金にしてしまったので、iphoneのアプリを使うことはしばらくないでしょう。

結構お金突っ込んだんですけどね。

でも個人的には変えて良かったと思ってます。

今は格安スマホ、格安SIM戦国時代ですので良い商品がいっぱい出てます。

「iphoneマンネリしたなー」なんて人は検討してみては如何でしょうか。

実録 iphone6をヤフオクで売ったら四万円超えた??

スポンサードリンク
関連コンテンツ

フォローする

スポンサードリンク