天皇賞 秋 2016のデータは揃った!混戦を断ち切るのはこの馬しかいない!

天皇賞 秋は混戦模様!上位人気馬に不安要素あり。

今週は天皇賞 秋ですね。

キタサンブラックはジャパンカップに回る為、オッズはかなり混戦模様になってます。

では前日オッズをおさらいしましょう。

エイシンヒカリ       4.0
モーリス          4.1
ルージュバック       5.4
アンビシャス          6.3
ラブリーデイ          10.2
リアルスティール    11.3

ファンも迷っている感じですね。

どの馬も不安材料があって、決めきれないという風に見えます。

私から見た上位3頭の不安材料はこんな感じです。

エイシンヒカリ・・・世界ランキング2位の馬とはいえ、国内G1は未勝利。しかも前年は見せ場なく惨敗の舞台。

モーリス・・・去年の年度代表馬。ただ世界のモーリスは「世界のマイラー」。やはり2000mは不安材料。名手ライアン・ムーアの手腕に期待。

ルージュバック・・・出走唯一の牝馬。やはり牝馬で東京2000mのG1で勝負になるのかは不安。最近はブエナビスタ、ダイワスカーレット、ウオッカ、ジェンティルドンナが牡馬と好勝負しているが、そこまでの馬と同レベルかというと疑問。少なくとも前述の牝馬たちは天皇賞 秋までにG1で勝利していた。後方一気の脚質も不安材料の一つ。

上位3頭の不安材料はこんなところでしょうか。なんとも決めにくいですよね。

懲りずに天皇賞 秋についても数値化してみましたので、ご参考までに。

天皇賞 秋の数値化はこうなった

数字の取り方は以前の記事をご参考ください。

1か所条件を修正しました。

旧条件:前走4コーナーで10番手以下に位置している(頭数を考慮し、10頭以下の少頭数であれば後ろから2番手以下の場合に適用) → -2ポイント

新条件:近3走4コーナーで平均10番手以下に位置している(頭数を考慮し、10頭以下の少頭数であれば後ろから2番手以下の場合に適用)

前年度の1着、2着馬がいるので、その2頭がポイントを加算している感じです。

7.5ポイント ラブリーデイ
4.5ポイント リアルスティール
4ポイント エイシンヒカリ
4ポイント サトノノブレス
4ポイント ヤマカツエース
4ポイント ステファノス

ラブリーデイ、悪くはないですね。少なくとも上位人気3頭よりは「ベストの舞台」と思います。

後は最近勝ち切れていないので、「衰え」が気になります。

どう考えても去年がピークの馬ですからね。そこをどう判断するか。

しかも東京2000mで大外枠。すぐに1コーナーが待っているので、距離のロスがあるかなり不利な条件です。

ルメールがどう捌くかにも注目ですね。

そして天皇賞 秋の本命は!

相当迷いますね。これは。

正直ラブリーデイが大外枠でなかったら本命にしてました。やはり大外と衰えが気になります。

本命は「モーリス」単勝1,000円 複勝2,000円

よく過去の馬と比べて本命馬を決めることがあるのですが、現在のモーリスに近い天皇賞 秋に参戦してきたマイラーというと「ダイワメジャー」「エアジハード」あたりでしょうか。

モーリス > エアジハード

モーリス = ダイワメジャー

ダイワメジャーは有馬記念の3着もある特異な馬なのでなんとも言えないですが、少なくともエアジハードよりはモーリスのほうが強いと思います。

札幌記念で負けても陣営は予定通り天皇賞 秋に出走してきたというのと、鞍上をスーパー強化してきたので、ここは好勝負でしょう。

勝ち切ってくれ、モーリス!!

関連記事(買い方について書いてみました。是非読んでみて下さい!)

→ 競馬で馬券の種類を変えて負け数を減らす!引き分けでOKという考え方にチェンジ。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

フォローする

スポンサードリンク