IT系の正社員って何かメリットあるのか?客先常駐系派遣会社に転職ってありなの?

最近ふと思うのです。

「IT系の正社員のメリットって何か?」

正直求人媒体に出ているIT系の募集って大多数が、

客先常駐型の特定派遣

私的には、

ただ正社員というだけでメリットをあまり感じない。

理由を少し書いていきます。

客先常駐ってマジ消えたほうがいいから

あえて全否定します。

やっぱり客先常駐のなんちゃってIT企業は無くなったほうが良いと思ってるから。

・帰属意識が生まれない

→どこ所属かもはや分からなくなる

・退職金が出ない or 雀の涙ほどしか出ない企業がほとんど。

→一部上場企業のグループ会社で勤務してましたが、退職金は何歳になってもゼロw

・昇給が少なすぎる(数千円とか)

→一部上場企業のグループ会社で所属長してて、会社の評価もAランクでしたが年5,000円の昇給

・良いスキルを身に着けることができるのは良案件に配属になった時のみ。

→スキルアップは運まかせ。

こんな感じかな。

あくまで、社員を他社に派遣するタイプの会社に限り「正社員で働いても見返りは劇的に少ない」です。

この手の会社で笑ってるのは上層部だけです。(もし異論がある派遣系IT企業の関係者の方は会社名と役職、お名前を添えてご意見ください。匿名で反論なんてしないですよねw)

なので、

もしこの手の会社に転職を考えているなら、

給料に絶対妥協するな!!

と私は言いたい。

言いなりの給料で正社員になった場合、本当に後悔しますよ。

私はそうでしたし。

だったら正社員にこだわる必要はない。雇用形態に拘らないほうが給料がアップする可能性だってあります。責任も軽いし。

IT系で転職活動しているなら、もう一回応募企業の条件を見直してみてください。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

フォローする

スポンサードリンク