派遣社員のエンジニアが正社員になる方法。40代間近でも大手IT企業に入り込んだ実体験。

35歳以上ともなると正社員採用を勝ち取るにはなかなか厳しい年齢ですよね。

40代間近だと尚更です。

単純に正社員のみになりたいのであれば、

特定派遣(自社勤務ではない客先常駐のエンジニア)

これが手っ取り早いです。

でもそれ本当に大丈夫ですか?

特定派遣は長続きしなさそう?

私もこの手の企業に社員で入ったことありますが、尋常じゃなく離職率高いです。

どことは言わないですが、ほぼ毎月数十人単位で社員が辞めてます。

なぜか?

・スキルを付ければ辞めて次へ行くという割り切った人が多い。

・激務現場に入らされ長続きしないケースが多い。

・薄給

まあこんなところです。

給料は商流にもよりますが、ハッキリ言って特定派遣で給料アップはほとんど望めないと思って良いです。

派遣会社なんてそんなもんです。

経験上特定派遣はおススメしません。

Sponsored Links

どうすれば良い労働環境+給料を目指せるか?

まず考えて欲しいのは、

自分がどんな仕事をしたいのか?

地味ですが、根本を考えて欲しいなと。

エンジニアだったら、「社内SE」「開発」「運用」etc、本当に色々あります。

なにがやりたいのか、得意なのか考えてみましょう。

それから仕事を探すのが基本です。

もしエンジニアの業務で見つからないのであれば、エンジニアに向いてませんw

やりたいことがあればネットでやりたい仕事を探す。

そして私的には、

「雇用形態に拘らず、仕事内容重視で応募する」

これが非常に重要と感じました。

すると良いことがありました(私の場合ですけどね)

派遣先の優良企業から正社員オファーがあった

元々社内SEをやっていたのですが、高給に目がくらみSIerに転職したこの私。

本当にブラックまみれで、疲れた上に途方にくれてました。

「次はまともに家に帰れる仕事にしよう。そして得意な社内システム運用がやりたい」

この一心で仕事を探しました。

そしてとある派遣会社の契約社員で大手メディア系の企業で仕事をすることになります。

なんせ得意な分野ですから、信頼もすぐに得ることが出来ましたしプロパーからの評価もグングンあがりました。

結果、正社員オファーを得ることに成功。

結局はやりたいことをやって楽しく仕事出来れば、結果なんてついてくるんです。

嫌な気分になる仕事なんてしなくてよい

本当に身に染みて分かったのが、

「好きなことややりたいことを整理し、仕事内容重視で転職する」

これに尽きます。

そうすれば給料や雇用形態なんて後からついてきます。

「お前は運が良かったんだよ。たまたまだろ」

なんて言ってるそこのあなた。

そんなネガティブな思考だから上手くいかないんです。

騙されたと思ってまずは自己分析してみましょう。

あとは思い切りだけです。

年齢なんて関係ありませんし(私40歳間近ですw)、嫌な顔をして仕事しても良いことなんてありませんよ。

諦めたらそこで試合終了ですよ。。。

Sponsored Links