転職をエージェントに依頼して起こったトラブルとは?所詮エージェントも営利目的!

先日こんな記事を書きました。

面接を当日キャンセルしたらエージェントに怒られた。その後エージェント側の要求とは?

面談を断ったらエージェントが怒ってきたという内容ですね。

この話には続きがあります。

電話で少しトラブルになったんですね。

そのトラブルについて書いていきます。

エージェントも営利目的なので必死

Sponsored Links

面談をキャンセルしたとき、「当日キャンセルは勘弁して欲しい」ってことだったのでそれは止む無く行きました。

ただそれ以外の面接に関しては当日キャンセルではないので、普通に断れると思っていたのですが、エージェントが引き下がらない。。。

「全部面接を受けてから判断して欲しい。」とエージェントがひたすら電話越しに言ってきます。

1時間ぐらい電話でをひたすら話ましたw

すると向こうもイライラしたのか、

「そんなことを言っているから転職を繰り返す」

「早々に判断するとまた失敗する」

もはやこちらの考え方を否定してくるw

当時の私は別の手段で転職が決まっていたので、エージェントからすると「逃げられると利益にならない」訳ですから、必死なのでしょう。

カチンときて言い返す→トラブルw

エージェントごときにそこまで言われると私もカチンときて言い返しました。

そもそも「どういった手段で転職しようが求職者の勝手では?」

結局そのエージェントからはその後連絡は来なかったので、大きなトラブルに発展しませんでしたが、まあこのエージェントから転職は今後(一生)しないでしょう。

エージェントも信頼をおける会社でないと求職者の気持ちも考えず、利益のみ追っている企業が沢山いるので十分注意してください。

少しでも「ん?この会社本当に自分のこと考えているのかな?」なんて違和感を覚えたら、複数の媒体を駆使して転職活動するのがベストです。

レバテックにもし登録してなければ、この会社もプラスして企業紹介してもらえれば幅が広がりますし、1社何かのトラブルで使えなくなってもリスク分散出来て理想的だと思います。

エージェントも慎重に選択しないと、不幸な転職になるので注意してください!

Sponsored Links