短期間での退職理由を面接で説明する具体例はこれ!面接官を納得させろ!

短期間で退職した方って今時珍しくないと思います。

当然私も3か月で辞めた経歴の持ち主ですw

私の場合は「上司の意味不明な発言によるパワハラ」が酷かったので辞めました。

辞めるまでは良いのですが、次の転職先に向かうために発生してくる重要イベント「面接」。

この難関を超える為には「なぜ短期間で辞めたか?」を面接官に説明し納得させる必要があります。

私が使った例を挙げて説明していきましょう。

辞めた理由に正当性があれば大丈夫。

ネットでも同じような短期間退職で悩んでいる人を発見しました。

退職理由についてアドバイスをお願いします。
転職後5ヶ月で退職しました。理由はどうしても納得できない女上司のパワハラでした。

家族がいる中での離職中のプレッシャーは理解してはいましたが、とても辛いです。精神的に限界だったとはいえ、退職したことでの自責の念で一杯です。

退職理由は人間関係を素直に伝えることではなく、
転職先で実現したいことを伝えるとよいということをよく聞きますが、
同業種を希望しているため薄っぺらい理由(何か隠しているのでは?)になってしまっています。
短期間で退職された方、どのように退職理由を伝えましたか?転職回数は一回です。

引用:JOB-Q https://job-q.me

やっぱ面接のことを考えるとどのように伝えるか悩んじゃいますよね。

第一志望の会社で変な印象を持たれるのは、やっぱり嫌ですし。

でも大丈夫。

あくまで私の例ですが、あったことをそのまま面接官に話し内定をもらう事ができました。

スポンサードリンク

それがこれです↓

前職を3か月で辞めたのは上司からの不当な扱いが原因です。

以前、2ヵ月以上前から1週間のリフレッシュ休暇を貰う相談をしていたのですが、直前になって再度同じ話をすると「1週間休むなら損害賠償を請求する」といった脅しとも取れる内容を伝えられ、この会社にはいられないと感じた為退職を決意致しました。

なぜなら社員を大事にしない会社でスキルアップを望むことは難しいと考えておりますし、一方的に損害賠償の話をするのではなく、双方で話し合い落としどころを見つけていくことが出来ない会社で良い仕事をしていくのは厳しいと判断した為早期に退職を決断致しました。

ほんとそのままですw

「これで本当に良いのか?」なんて思う人もいるでしょう。

でも私は変に脚色したところで、ボロが出るのも嫌でしたし面接官がこれを聞いて「それはあなたが間違っている」というような反応をする会社に行きたくありません。

なので、ハッキリ言いました。

短期間で退職したのだからよっぽどの理由があったはず

みんな好き好んで辞めるわけありませんし、しかも短期間で退職するようなところであれば大きな辞めるきっかけがあったはず。

それを面接官に伝えてみて下さい。

繰り返しになりますが、その「大きな理由」を否定されるような会社に行けば同じことの繰り返しになります!

短期間での退職を繰り返さないためにも、面接官に事実を伝えて理解してもらいましょう。

受け入れてもらえたなら、それはあなたにとってベストな会社のはず!

エージェントに短期退職のことを相談しても良いでしょう。

意外なアドバイスを貰えるかも知れませんし、一度試してみては如何でしょうか。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

フォローする

スポンサードリンク