ブラック企業を作ったのは消費者が悪い!?あなたはブラック市民ではありませんか?

Sponsored Links

ブラック企業ってIT系の会社や飲食系を指して言われることが多いです。

最近は大企業も(電〇とか)実際はブラック企業のようなことをやっているケースはあります。

言ってしまえば「どこも同じ」

では誰がこのブラック企業を作り出したのでしょう?

私的にはカスのような消費者やクソみたいなクライアントのせいだと思ってます。

不便さに対して過敏な反応をする消費者が多すぎる

ツイッターの書き込みで以下のような内容がありました。

「ブラック企業をなくしたいなら、社員にまともな賃金を払っている、適切な労働時間を働かせていることによって生じる不便さに寛容でないと
『土日休みなんで納品までにもっと時間かかります』『定時過ぎたんで会社もう閉めました』と言われて文句言う人は、言ってみれば『ブラック市民』ですよ」

これ皆さんはどうですか??

「もっと早くこい!」「いつまで待たせる気だ!」「こんなに待たせるなら、無料にしろ!」

ほんと自分で書いてても腹立ちますw

でも言う人本当に多いですよ。

私のクソ上司も協力会社に対して、「何日も待たせやがって!」みたいな怒号を浴びせてました。

あり得ないですね。

そもそもこういった人たちって「自分が言われたらどう感じるか?」というのは考えないのでしょうかね。。。

少し話が逸れましたが、サービスに対してこういった文句を言うことが「ブラック企業」の乱立を生む要因になっているのは間違いないと思ってます。

そりゃサービスレベルを上げるために、良く分からない書類を書く時間が増えたりクレーム対応の為に残業が増加するわけです。

便利さを求めると誰かが犠牲になる

これが結論です。

今あなたが便利さを求めることで、見知らぬ方が労働に縛られる時間が増えているのです。

「誰かが何かを得る一方で、誰かの時間が失われてる。便利を当たり前と思っちゃいけない、あたしも気を付けよう」
「実際これ。消費者が利便性を求めるあまり企業がブラック化してるってのは大きいと思う」

ツイッターより

IT知識のない人たちは言うわけです。

「ショッピングサイトとか自動で稼働しているわけだから、誰も苦労してないんじゃね?」

アホか。

WEBでの注文もページがダウンしないようにサーバーを監視する人が24時間365日監視しています。

インターネットの世界も裏には管理している「人間」がいるんですよ。

amazonでクリックしたら自動で配達が来て手元に商品が来ますが、WEBページの管理、倉庫の管理者、配送業者等々、色んな人の努力があってサービスが成り立ってるわけです。

今は過剰なまでに便利なサービスだらけですよね。これは消費者のニーズによって作り出されたものですが、こういったサービスがある=サービス提供者の”時間”を奪っている、ということは是非考えて頂きたいです。

ブラック企業はあなた自身で作り出しているんですよ。

会社を辞めたい社畜必見!退職届を叩きつけるタイミングはここだ!

プログラマーにインフラ系の資格LPICやMCPは必要ないのか?IT系の職業に必要な資格とは?

嫁ブロックで採用を辞退せざるを得ない30代必見!転職成功の秘訣はこれ!

Sponsored Links
Sponsored Links