プログラマーにインフラ系の資格LPICやMCPは必要ないのか?IT系の職業に必要な資格とは?

今は完全に売り手市場のプログラマー。

色んな言語を知っていれば、運が良いと一生飯食っていける可能性があります。

当然IT系の業界にも「トレンド」があります。

プログラムとは違いますが、三菱東京UFJが最近導入を決めた「AWS」とかまさにトレンドですよね。

なので我々技術者も変化していく必要があるのです。

スポンサードリンク

資格なんて無くても現場で仕事出来る?

転職の際、やはり一番見られるのは経歴。

「経歴がしっかりしてれば資格なんていらないぞ!」

なんて言っている人。それは言い訳にしか聞こえませんw

当然取っておいたほうが良いです。

プログラマーであれば経歴が「プログラムの現場のみ」になるのは仕方ありませんが、資格欄に記載があるだけで「正しい知識+現場経験」という素晴らしいアピールになるわけです。

逆に知識があって資格があれば、すぐに取れるはずなのでさっさと取ってしまったほうが転職の際非常に有利に働くでしょう。

プログラマーにインフラ系の資格は不要?

今の時代、プログラム一本では厳しいです。

「JAVAは大得意!でもサーバー系は全く分かりません!」

なんてのは今後淘汰されていきます。

最低でもLPICのレベル1ぐらいは持っておきたいです。

というかAWSでLinux環境の一つや二つ構築できないプログラマーなんていないかも知れませんがw

「Linux??なんのこと?俺はPHPがっつり書けるから問題ない!」

そんなこと言っているそこのあなた、だいぶヤバいですw

Linuxが取れて余力があれば「MCP(Microsoft系の資格)」にチャレンジしても良いでしょう(サーバー系のものが取れれば良いですが、クライアント系でも最初は良いでしょう)

ハイブリットエンジニアを目指す



プログラムも書けてインフラも構築可能!

なんてまさに今の時代が求めるエンジニアだと思います。

「これしか出来ない」なんていう方々は間違いなく今後苦しくなります。

家に帰って時間を持て余しているようであれば、電車でLPICの本(WEBサイトでも大量に公開されてます)を読むことから始めてみましょう。

新しい発見があれば、一層仕事が楽しくなりますよ!

スポンサードリンク
関連コンテンツ

フォローする

スポンサードリンク