エクセルで一定間隔ごとに行列を入れ替えする。5行ごとに関数を使って入れ替え。

IT技術

エクセルの行列を入れ替え機能って便利ですよね。

縦に長く出力されたデータを横に並び変えることが出来ます。

ただこれって、手動でコピーしたものを入れ替えるのみ。

一定間隔ごとに行列を入れ替えた場面は結構あります。

ライセンス認証確認をバッチで一括取得。skyseaでクライアントPCに配布してみる。

↑この記事でライセンス認証の有無をテキストで取得したところ、エクセルに張り付けるとこんな感じになりました。

これは集計するときに大変。

ってことで別シートに関数を入れてみました。

スポンサードリンク

offset関数で出来る

ライセンス認証のシートをsheet1として、sheet2に以下関数を入れます。

=OFFSET(Sheet1!$A$1,COLUMN()-1+(ROW()-1)*5,0)

関数をどこに入れるかというと、今回の場合だと5行づつ横に入れ替えたいので↓こんな感じ。

見事に並び変わりましたね。

サンプルなんで少な目にしてますが、もっと行数が多い時は同じ関数をひたすらコピーすればOKです。

これもすんなり出来て助かった。

skyseaで収集したテキストファイルを一つに結合。csv化してエクセルで管理も可能。

前準備のテキスト結合も別記事で紹介してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました