パソナテックの離職率って高いの?IT系人材派遣会社を辞めた理由はこれ!

Sponsored Links

パソナテックというIT系企業について口コミサイトを調査していきます。

IT系企業というのは非常に離職率が高いイメージです。

というか私自信エンジニアをやってきて、毎月多い時で二桁の人間が辞めているところを見てきました。

果たして退職者はどういった理由で辞めているのか?

その理由を調査してみましょう。

パソナテック株式会社

口コミサイトで離職の決定的な理由になったであろう書き込みを記載していきます。

経営方針が具体的でなく、場当たり的かつトレンドからズレた施策を出し、年々売上が下がってるが経営陣が対策もせず、また数字を正しく見せないなど不透明な状態です。 連動して給与も年々下がってますが、査定内容が不明確で納得しがたい状態です。

管理職相当の役割や職位になれば、比較的満足を感じる人もいるであろう水準かと思われるが、若手や管理職未満の給与水準の相対的低さが、一部不満や離職につながっている可能性は否めない。賃金や賞与のベースを上げる取り組みが必要と思われる。

・ベースが業界平均に比べ低い
・最終相対評価で調整を入れたときに基本は下がる傾向にある
・賞与面が数字に依存しすぎている傾向がある
・上記から突出した賞与がもらいにくい
・インセンティブ、キャンペーンでの給与の増減が大きい

引用:https://en-hyouban.com/

現役エンジニアが気づいたこと

現役エンジニアの私が「この会社に行きたい度」をA~Eの5段階で付けるとすると、

Dランク

といったところでしょうか。

パソナテックの退職キーワードは、

「賞与の査定内容が不明確」「将来が不安」「管理職以下は不満足な給料」

といったところです。

お金面のネガティブな書き込みも気になりますが、「自分が思っていた(聞いていた)条件と違った」という内容があれば、私の場合非常に警戒心をもってしまいます。

ここの場合は賞与の査定がテキトー?のような書き込みがいくつか見受けられました。

面接を受ける前には事前調査を行い、気になった点は面接で聞いちゃいましょう。

自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ

転職エージェントに登録しているなら、エージェントから情報を聞き出すのも有効な手段かと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links