インフラエンジニアが転職ドラフトに参加した感想。果たして企業から入札はあるのか!?

転職ドラフトってご存知ですか?

私も最近知ったのですが、エンジニアがWEBサイトに自分の経歴を入力し、興味を持った企業がその人に対して払える年収を入札していくという画期的なシステムです。

文系エンジニアでも果たして入札してもらえるのか?

今回はその検証になります。

色々前段階の登録がある

さっそく登録作業を行ってみました。

まずはログイン名や基本情報を入力していきます。

この辺は好きなものを入力していけばOK。

続いて自分の特性を選択していきます。

このあたりは感性にまかせていけば問題無し。

次が結構大変です。

関わったプロジェクトを書いていくわけですね。

何だかプログラマー寄りの選択項目なので、「インフラ系はお呼びでない?」感が満載ですが気にせず書きます。

プロジェクトの詳細は一定の文字数を書かないと次の画面に進めません。

私は転職の時に使った職務経歴書を個人情報と機密情報が漏れない程度に書きました。

あまり晒すのは・・・、と思いまして。

今までのはプロフィールじゃなかったんですかねw

なんかプロフィール聞いてきたんで、とりあえず言うとおりに書きます。

ここは適当に希望や現在の状況を書いていきました。

これを乗り越えれば一旦終わりになります。

え、まだ職務経歴書くの?

スポンサードリンク

一通り書いて出てきた画面がこれです。

「あなたは審査に通過していないためドラフトに参加できません」

審査があるようです。。。

「職務経歴書を入力して審査を開始しましょう」と記載がありますが、そんな項目一切ないし、そもそもまだ経歴書かすんかい!

プロジェクトの詳細が経歴の代わりと思ってたんで、「またかよ」ってな感じです。

正直入力項目多すぎてウンザリしました。

審査を休止しているらしい。

とはいえ、ここまで書いたのでとりあえずドラフト参加したい。。。

現在ドラフト開催中で審査を休止しているため、私が参加できるのはもう少し先になりそうですね。

根気よく参加できるように頑張ってみましょうかね。

今のところ印象良くないですがw

もし企業からアプローチがあった場合、10万件の企業口コミ。キャリコネ をチェックしてみましょう。

ドラフトでブラックにでも引っかかった日には笑うに笑えないですからね。

スポンサードリンク