DMMのバヌーシーはサラリーマン副業に向いているのか?1万円が大化けする可能性は?

Sponsored Links

あのDMMがまた新しい事業を展開するようです。

まさかまさかの競馬。

それも一口馬主の世界に殴り込みのようです。

その名も「DMMバヌーシー」※アプリ名がこれで、実際はDMMドリームクラブという馬主登録名になりそうです。

まーったく連想できないのですが、DMMの本気度はどうなのでしょうか?

というかそもそもこのバヌーシーに参加して儲けることは可能なのでしょうか?

サラリーマンの副業にでもなれば、競馬好きとしては非常に魅力的です。

DMMの購入馬はこれ

非常に良血&高額馬を購入しましたね。

■2016年ドバイターフを制したリアルスティールの全妹(父馬と母馬が同じ)を1億6000万円で落札

■12~13年のジャパンカップを連覇したジェンティルドンナの全妹を3億7000万円で落札

■2016年の年度代表馬キタサンブラックの全弟を1億4500万円で落札

合計6億7500万円の買い物!

ハンパないですね。

正直購入馬のミーハー具合は否めませんが本気と言うことは分かります。

ライトな競馬層が好みそうなラインナップですね。

そしてこの超良血馬を1万口募集をかけるようです。

キタサンブラックの全弟なら14,500円で募集が掛かるということでしょう。

同社取締役の野本巧氏はFacebookでアプリ名を「DMMバヌーシー」と明かし、サービスのテーマを「投資やギャンブルではなくて感動体験の共有」としている。企画から2年以上かけてのローンチになり、近日中に正式リリースするという。

 一口馬主とは、クラブと呼ばれる法人が所有する競走馬について、通常40~500口に分割して出資を募る方法。会員は口数に応じレースで獲得した賞金の一部を受け取ることができる。正式な馬主資格を得るには高いハードルがあるが、一口馬主には資格が必要ないため、手軽に参加できるメリットがある。

 DMMバヌーシーは、口数を1万口に分割しているため、より低い価格から一口馬主として参加できる

引用:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1707/11/news079.html

安いから魅力的ではありますね。

でもこれ「儲ける」という観点では厳しそうですね。

G1いくつ勝って元取れる?

そもそも兄や姉が強いからって、弟や妹が必ず走る馬とは限りません。

3億、4億する馬もわずか1勝で引退するケースなんて山ほどあります。

それを踏まえて馬の購入金額(1億円以上)を稼ごうと思うと、必ず重賞の勝利が必須。

儲けようと思えば、G1の1つや2つ軽く勝たないと儲けることは出来ないでしょう。

仮にG1馬になったとしても、生涯獲得賞金は良くて4億~5億。

15,000円投資して25,000円の儲けって。。。

マイナスになるのは覚悟したほうが良いでしょうね。

趣味としてやるには良いでしょうが、すぐ飽きそうな感じです。

ライト層向けのサービス

正直競馬が本当に好きな人はやるべきではない、というか手を出さない人が殆どでしょう。

投資額が低いのは魅力ですが、見返りも少ないし確率が悪すぎる。

競馬=ロマン

「競馬はギャンブルじゃない!名馬の兄弟を自分のものにしたい!」

こういった感じのライト層にお任せしましょう。

結論としてはサラリーマンの副業にも不向きです。

1万円を10万円にするには、天文学的な数字となるでしょうw

Sponsored Links
Sponsored Links