いぼ痔の治し方を病院の先生に聞いてみた!治療法と予防法を肛門科からアドバイス。

健康
スポンサーリンク

最近飲み会で暴飲暴食をした翌日下痢になってしまいました。

翌日「何だかお尻が痛いなー」と思っていたら、どんどん酷くなる。

トイレで触ってみると、明らかな異物が。。。

こ、これは、「いぼ痔」

きれ痔は結構昔からなっていたのですが、いぼ痔は初体験です。

かなり痛い。

私の場合は咳をすると肛門を閉めるクセがあるので、それが一番の苦痛でした。

まずは市販の薬で凌いでみます。

スポンサーリンク

市販の薬は「いぼ痔」に効くのか?

私が購入したのは「ラナンキュラス」という軟膏ですね。

座薬みたいな肛門の中に薬を入れるのではなく、いぼ痔に指で塗るようなタイプの薬です。

この薬を塗って2、3日様子を見ましたが、あまり良くならない。。。

仕方なく肛門科に行くことにしました。

単なる「いぼ痔」であれば良いのですが。。。

スポンサーリンク

病院の先生に治療をしてもらった

私が今回お世話になったのは、稲城市の菜の花クリニックという病院です。

先生の説明も分かりやすく、非常に良かったです。

人気なのか引っ切り無しに患者さんが来てました。

早速診てもらうと、私のいぼ痔は「血栓性外痔核」というものでした。

先生曰く「力み癖のある人に多い症状。スポーツをやっている人に多い」ようです。

私スポーツっていってもビリヤードぐらいしかしないんですけどねw

予防法や薬も処方してもらったので、説明していきます。

スポンサーリンク

痔の予防法を先生に聞いてみた。

まずは予防法です。

1、毎日お風呂に入りましょう。

体を温めると結構が良くなり、清潔さを維持することが必要です。

2、お尻はいつも清潔に

ウォッシュレットがあれば、尚可ですね。

3、便秘・下痢をしないようにしましょう。

便秘は肛門を傷つけますし、力んで痔の原因を生んでしまいます。

下痢は肛門を刺激し不潔にもなりますし、細菌感染を起こしてしまいます。

4、トイレで力まないように

これは私もなのですが、力むと肛門からの出血をきたすことがあります。

先生が言っていた力仕事やスポーツも負担がかかるので、痔になる可能性があります。

5、腰を冷やさないように

腰を冷やすと肛門の結構が悪くなるようですね。

6、長時間同じ姿勢を続けないようにしましょう。

私もエンジニアなので、普段座りっぱなしです。これって良くないようですね。たまに軽くストレッチするなど血行を良くしましょう。長時間ドライブも注意が必要!

7、酒、コショウ、からしなどの刺激物は控えめに。

辛い物や刺激物を食べ過ぎると肛門を刺激します。控えめに。

8、医師の診断を受け、正しく治療しましょう。

これが一番有効なのは言うまでもありません。腸の病気だったらどうなるか分かりますか?

スポンサーリンク

痔の治療法とは?先生に薬をもらったぞ

一番の治療法は言うまでもなく、病院に行くこと。

予防法のところでも書きましたが、「痔だと思っていたが、腸の病気だった」なんてこともあるみたいです。

面倒なのはわかりますが、痔とあまく見ず先生に診てもらいましょう。

ちなみに私が今回処方してもらったのは「ヘモポリゾン軟膏」という薬です。

肛門に差し込んで薬を押し込むタイプですね。

使ってから数日でかなり痛みが和らぎました。

漢方も評判が良いと聞いたことがあります。キレ痔・イボ痔に漢方パワーがスーッと効く!”ピーチラック” 試しても良いでしょう。

スポンサーリンク

肛門科に行くのって恥ずかしい?

今や痔って国民病みたいな感じです。

多くの人が悩んでいる為、病院へ相談へ行く人も多数いるので全然恥ずかしいことではありません。

そんなことよりも重大な病気になっている可能性があるので、安易に考えるほうが危険です。

まずは病院に行ってみてもらいましょう。

あまり酷くないようであれば、数日間今回紹介した予防法や漢方、そして市販の薬で様子をみてもアリかと。

力みや刺激物は痛いし酷くなるので、禁物ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました