35歳を過ぎたベテランエンジニアが企業へ逆襲する!積極採用する企業に騙されるな!

最近ビズリーチ等、ミドル転職系の転職サイトやエージェントが盛り上がってますね。

人材不足というのもありますし、出来る人が少なくなってきたのが理由の一つでしょう。

でも私的にはもう一つ理由があると思います。

文面からしてポジティブな理由ではないことが想像できるかと思いますw

私なりの考えを書いていきます。

スポンサードリンク

特定派遣系の会社に多い??

最近は一般派遣→特定派遣に企業が切り替えて、「正社員として勤務。でも実態は派遣」みたいなことを行っているところが非常に多くなってます。

大手派遣会社が片手間のように特定派遣をやってますよね。

パ〇ナとかイン〇〇〇〇スとか。

35~40歳のエンジニアも非常に採用されやすいです。

なぜか?

30歳前後の出来るエンジニアは会社の言うことを聞かないケースが多いですが、ベテランエンジニアは後がない為会社が足元見て若手が行きたくない案件に突っ込む要員になっている。

これに尽きます。

私も年齢が上がるにつれ炎上案件やどうしようも無い客がいる案件に突っ込まれた経験があります。

しかも「あとは宜しくー」みたいに放置パターンがほとんどでした。

そんな会社には退職届をソッコー叩きつけろ!

正直「行くのも辛い」というメンタルになった場合、無理に続ける必要はないと個人的には思います。

ベテランだろうが若手だろうが、しんどいものはしんどい。

我慢する必要はありません。

とは言え35~40歳だと採用される確率低下は否めません。

正社員に拘っている場合は「頑張ってくれ」としか私は言えませんが、雇用形態に拘らなければ契約社員や派遣社員で勤務しつつ、副業を行うことをお勧めします。

未来が変わる!話題の副業とは?

正社員にはなく、非正規雇用にあるメリットは、

時間を作りやすいこと。

このメリットを生かさない手はありません。

私も時間をみてコツコツ副業を行っています。

まだまだ1ヶ月ゲームソフト1本買えるぐらいの金額ですがねw

ベテランエンジニアが企業への逆襲する!(満員電車からの解放)

もう会社の言いなりは辞めにしませんか?

スポンサードリンク
関連コンテンツ

フォローする

スポンサードリンク