社畜が副業で稼ぐ方法(其の一)。amazon輸入はサラリーマンに可能なのか?

スポンサードリンク

会社の給料で限界を感じている今日この頃。

ってことで副業を日夜探してます。

皆さんも良く耳にしたことがある「せどり」。

ブックオフとか古本屋さんで本を安く買って、オークション等で高く売る手法です。

「休みの日にブックオフ巡りはちょっと・・・。」と思い断念。

やはり時間が掛かり過ぎて割に合わないかなと私はパスしました。

ネットで情報を漁ってみると「個人輸入、個人輸出」というキーワードが気になり、掘り下げてみると「amazon輸入」に行きつきました。

サラリーマンでも出来るかな??

海外サイトで安く購入。日本で付加価値を付けて売却

やることは凄く単純です。

アメリカの「amazon.com」で商品を見つけ、日本の「amazon.co.jp」で付加価値を付けて売るという手法です。

「せどり」というか「転売」というイメージです。

こう聞くと「なんだよ、転売かよ。イメージ悪いな」なんて思う人もいるでしょう。

こう考えてみましょう。

「海外のサイトで購入するという行為に抵抗を感じる人がいる。それを自分が代わりに行う事によって報酬を得る」

転売ってこういうことでしょ?

考え方や見方を変えると一気にビジネスっぽく感じてきました。

ただ見方を変えたところで稼げなくては意味がありません。

果たして「amazon輸入」は稼げるのでしょうか?

まだまだ参入する余地はある。。。はず!

正直私もまだ未実践なので分かりませんw

ですが、まだまだ稼げると思ってます。

なぜならネットショッピングって毎年成長してますからね。

海外の面白い商品に目を付けることが出来れば、儲けることは可能でしょう。

「サラリーマンが輸入事業を始めてみた!」って記事も近々アップ出来ればと思うのでお楽しみに。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

フォローする

スポンサードリンク