世界一受けたい授業で紹介していた「うつ病」の解消法とは?仕事に疲れた時にやるべきこととは?

スポンサードリンク

最近「うつ病」って深刻な問題になってますよね。

〇通の事件もそうですが、残業やパワハラで病んでしまう人、そう仕事につかれて精神的にまいってしまう人が私の周りでも多くいます。

かく言う私も仕事に疲れて若干うつ気味になったことは少なからずあります。

IT系ってそうなってしまう人多いんですかね。

納期、過剰な残業、パワハラ上司、等々。。。

「世界一受けたい授業」とある小説家さんのお話が非常に興味深いものでした。

奥さんからある一言を聞かされてうつ病が解消したんですよね。

仕事を頑張り過ぎてしまう人は注意が必要

その小説家は元々教師だったそうです。

とても頑張り屋さんで本人もそれを苦にしない、むしろ喜んで仕事をしていたとのことでした。

でも頑張り過ぎが祟って寝込んでしまい仕事が怖くなってしまいました。

そして「うつ病」発症したらしいです。

責任感が強い人ほど発症しやすいんですかね。

でも奥さんのこの一言で救われます。

「そんなに教師が辛いなら、辞めたら??」

仕事を辞めるなんて考えても無かった

元教師の小説家は仕事を辞めるなんて考えもつかなかったそうです。

そりゃ奥さんもいて無職なんて・・・、という思いもあったのでしょう(これは皆さんあると思います)

でも「辞めてもいいんだ。。。」という気持ちがすべてを救ってくれたんですよね。

そして夢だった小説家に転身し成功する。

成功したのはこの方の努力があったからこそですし、逃げてばかりでは解決にならないかも知れませんが「今の仕事が辛すぎてもなんとかなる!」という前向きな気持ちは非常に大事ですよね。

転職をするなら自分のやりたいことを見つけてから

あまりにも苦痛な仕事や元々の夢があるなら思い切って転職するのも一つの手です。

もし何もやりたいことがない方は一度エージェントに相談してみるのも良いでしょう。

「会社勤めはもう辛くて嫌!」なんて人はフリーランスという手もあります。

どんな仕事があるのか一度相談すれば新しい道が見つかるかもしれません。

もはや終身雇用なんてない世の中ですし、積極的に動いて転職して良いと私は思いますけどね。

嫌々仕事をして人生終わるなんて私は嫌です。

やっぱり楽しく仕事をして、楽しくお金を稼ぎたいですからねw

スポンサードリンク