正社員に拘って転職する必要はあるのか?非正規労働者は負け組じゃない!

今も昔も「正社員でないと周りの目が痛い」って感じている人多いですよね。

確かに「非正規労働者」というだけで何だか落ちこぼれなんじゃないかとネガティブな思考に陥る人もいます。

正社員になれなかった人の集まり=非正規労働者

こんな風潮ありません?

少なくとも私は凄くこの方程式が日本では蔓延っているように思えます。

でもよく考えて下さい。

天下の東芝やシャープが経営破綻する時代です。

もはや正社員に拘って転職先を探す必要はないのでは?と感じてきました。

いやそうに違いないw

正社員に拘る必要が無い理由とは?

私が正社員に拘る必要がない理由を挙げていきます。

・採用のハードルが高い。

・採用のハードルが高いわりに給料が低い。(むしろ非正規労働者のほうが高いケースがある)

・退職金が出る会社がかなり少なくなっている。(特にIT系)

・社会保険は派遣だろうが契約だろうが今の時代完備されているので、正社員のメリットがそんなにない

こんな感じです。

多くの人が正社員に拘る理由って、「いきなりクビにされる可能性がある」から非正規雇用を拒むケースが多いです。

でも最近正社員だろうが、会社の経営状態が悪ければどんどん辞めさせられます(東芝やシャープ、それ以外のベンチャーも当たり前のように首切ってきます)

そう考えると全く正社員に拘らず働いたほうがよいと思うんですよね。

スポンサードリンク

サービス残業が多いのは圧倒的に正社員が多いですし(私ももちろん正社員だからとサービス残業を行っていた時期は多々ありました)

非正規で好きなことをする+副業が最強

やりたくもない仕事を正社員でやるより、好きな仕事を雇用形態に関係なくやれば良いんです。

ストレス貯めて働くのであれば、雇用形態に拘っている場合ではない!

私のベストの状態は、

「非正規労働だろうが、無理なく仕事をして自分の時間を作る。そして副業を始めてダブルで稼ぐ」

これが一番と思ってます。

副業さえ起動に乗れば(自分で稼ぐことが出来れば)、正社員や非正規労働者だろうが全く関係ありません。

むしろ老後は安泰なんじゃないですか?

みんなで日本の「正社員最強説」をぶっ壊しませんかねw

好きなことをして、自分で稼げることが出来れば人生楽しくなると思いませんか?

フリーランスという働き方も現在注目されてます。

私も「好きな仕事+副業」の最強パターンを日々探している最中ですが、良い方法があればブログでもどんどん展開していきますよ!

会社を辞めたい社畜必見!退職届を叩きつけるタイミングはここだ!

スポンサードリンク
関連コンテンツ

フォローする

スポンサードリンク