ブラック企業を見分る為には求人のここを見る!後悔しないように転職は慎重に!

転職
スポンサードリンク

転職は人生でも大きなイベントの一つです。

生きている間ほとんどの時間仕事で費やすので、適当にならずとにかく慎重に進めていくことをお勧めします。

当然そんなこと皆さん百も承知だと思いますが、ではブラック企業を見分けるためにどういった情報をみれば良いのでしょうか。

求人情報に以下のような内容が書いてある場合は要注意です。

まずは求人情報で判別しよう。

ブラック企業に入社しない為に、まずこの内容が求人に含まれている場合要注意ですね。

求人状態での見分け方
①20時間以上の固定残業代を設定している。
②試用期間が長い。6ヶ月以上。(一般的には3ヵ月) 
③試用期間中は契約社員での雇用。或いは、1000円未満の時給
④残業は無いと過度に記載がある。
⑤やたらとアットホームさをアピールしている。 
⑥求人にやたらと社員さんの写真が出ている。しかもその社員の表情が暗い。 
⑦2ちゃん、sogno、転職会議などネットで信憑性のある悪い評判あり。明らかにネガキャンのケースもあるので、見極めは必要 

こんな感じですね。

①と被りますが、年俸制も要注意です。

管理職なら分かりますが、一般社員で年俸制にしている企業に良い噂を聞くケースが少ないです。

実際私も年俸制の企業に勤めたことありますが、マジくそでしたw

スポンサードリンク

残業代が付かないことを良いことに、定時間際に仕事を押し付けてくる女課長がいましたよ。

みなし残業制や年俸制を採用している企業はよっぽどそれ以外の条件が合っている状況でないとパスして正解でしょう。

仕事内容も見極めて良い転職を!

上にあげたような見極め条件でフィルタをかけて、あとは自分の希望と合致している企業に応募するだけです。

当然これに合致していなくても、ブラック会社って存在しているかと思うのですが少なくともマシな会社を探すことが出来る手掛かりになると思います。

もし余裕があるなら「実際にその会社に行ってみる」というのが一番良いですね。

「20時以降に電気が付いていないか?」「会社から出てくる社員の表情はどうなのか?」というような内容を自分で確認してみましょう。

入ってからでは遅いので、人生のターニングポイントなわけですからそのぐらい行えば納得できる会社に入社できるのでは無いでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました