システム修復ディスクをUSBで作成。CD/DVDドライブは不要!

IT技術
スポンサードリンク

最近自宅にあるボロノートパソコンをHDD→SSDに換装して再利用!なんてことをやってました。

SSDに換装後、windowsをクリーンインストールして一からセットアップするのは怠い。。。

ってことでwindowsのバックアップ機能を使って時短しようと思ってたら、思わぬところで躓いたお話。

考えても見なかった。。。

スポンサードリンク

システム修復ディスクで引っ掛かる

windowsのバックアップはすごく簡単。

コントロールパネル>バックアップと復元(windows7)>画面左の「システムイメージの作成」をクリック>バックアップ先を指定し、後は指示通り進む。

これでいけます。

バックアップに掛かる時間は容量にもよりますが、私の場合は1時間ぐらいでした。

※700GBのハードディスクで利用領域は200~300GB程度。

ここまでは順調。

そしてバックアップが終わると、以下のメッセージ。

「システム修復ディスクを作成しますか?」

ん、ディスク?

そもそもDVDドライブないけど。。。

悲しいことにこの「システム修復ディスク」DVD or CDにしか作れません。

そしてバックアップからの戻し作業に必須ツールです。

さてどうしたものか。。。

スポンサードリンク

Windows10をインターネットからダウンロードしてみる

システム修復ディスクですが、調べてみるとOSのメディアから起動できる修復機能と何ら変わりなさそう。

なので、

1.Microsoftのwindows10ダウンロードページに飛ぶ。

Windows 10 のダウンロード

2.USBブートするメディアを作成(当然空のUSBメモリ必須)

これでOK。

作成したUSBメモリから起動してみましょう。

インストール画面を進めると左下に「コンピュータを修復する」の文字が!

※間違っても新規インストールしないように。全部消えます。。。

この修復画面を進めていけばバックアップしたイメージを適用することが出来ます。

「DVDドライブない!」って場合にも手持ちのUSBで修復ディスクの機能を使えるので、割と便利です。

何かあった時OS再インストールも可能ですし、万が一のために作ってみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました