格安スマホはキャリアに比べて通信料金がめちゃ安い!5,000円はトクするぞ!

必至に働いてもなかなか給料が上がらない世の中です。

副業するか節約するか、みたいな流れになってますが今回は節約について考えてみます。

毎日手にするであろうスマホ。

通信料金を下げる手段と言えば、もはやメジャーになった感がある格安スマホ・激安SIMに乗り換えることでしょう。

私も実際使ってます。

私の場合はDMM mobileを使ってますが(月2,000円ぐらい)、ほかのMVNO(激安SIM提供会社)だともっと安くすることも可能です。

比較してみましょう。

ドコモとどのぐらい通信料金が違う??

スポンサードリンク

比較対象はキャリアの最大手ドコモにしましょう。

対するMVNOはFREETELL(フリーテル)です。

最近ユーザーを増やしているみたいなので、私も興味があります。

早速通信料金比較です。

ドコモ

カケホーダイプラン:2,700円

SPモード:300円

データSパック(2GB):3,500円

合計:6,500円

FREETELL

使っただけ安心プラン(音声通話付き。):999円

通話料は別途20円/30秒

合計:999円+通話料

大手キャリアのドコモとFREETELLの差額は5,501円です。

非常に安くなりますよね。

料金はかなり安くなるがデメリットは?

1番のデメリットは通信速度でしょう。

昼の12時や夕方の18時~19時は格安スマホ+激安SIMの苦手とするところです。

実際に私も使ってますが、この時間帯の通信速度は正直諦めてます。

ただ全く使えないことは無いのでご安心を。

youtube等大容量通信さえ避ければ問題ないと思います。

スマホを変えて通信会社を乗り換えるだけで月5,000円も節約(給料5,000円アップ)出来ると思ったら変えたほうが良くないですか?

スポンサードリンク
関連コンテンツ

フォローする

スポンサードリンク