夏に会社を辞めるメリットを挙げていく。時期的にはベストかもしれない!

6月、7月といえば社畜の一番の楽しみ「ボーナス」

もはやこれが楽しみでサラリーマンしているようなものです。

でも仕事が全く楽しくなくて、ボーナスも減らされた日には目も当てられない。

「もう無理!辞めてやる!」

ん?ちょっと待て。

本当に今の時期が正しいか考えてみませんか?

夏場に辞表を叩きつけても大丈夫ですか?

ボーナス後なので、時期的にはベスト!

Sponsored Links

個人的には7月、8月に会社を辞めるってのはベストだと思います。

ただ1点だけ注意が必要です。

それは辞意を伝えるタイミング。

私自身非常に苦い経験があります。

ボーナス後の8月末に辞めようと思い、7月初旬にに辞意を伝えたところボーナスがとんでもなく少額になっていました。

「さすがにこんなに少なくはないはず・・・」

と人事に取り合うと、

「ボーナスは今後の活躍を見込んだ金額が含まれている。あなたは辞めるのでその金額が反映されていない。なのでその金額が妥当」

はぁ????

いやいや「前期の評価がボーナスの金額になる」わけでしょ?

と詰め寄りましたが意味なし。。。

ボーナスの金額確定後に辞めろ!

私のようなことにならないように、

ボーナスが通帳に振り込まれたのを確認して辞意を表明しましょう!

周りの人間にも聞いてみましたが、ボーナス前に辞める話をすると大抵は減額されるパターンが非常に多いです。

夏に辞める人って結構多いと思うので、転職活動も捗るでしょうしメリットは多いです。

新卒の人たちも「思ってたのと違う。。。」なんて感じで辞めて社員の空きも出てくるでしょうしね。

転職は計画的に!

Sponsored Links