ボールドという会社に面接へいった感想。ブランク歓迎、転職回数も気にしないって本当?

求人に一言!
スポンサードリンク

野球選手の移籍会見でも良く聞く「自分の評価を聞いてみたいので、話をしてみたい」なんて一言。

ただの会社員ですが、私も最近そんなことを思いつつ色んな会社に話をしたくて面接に行っている今日この頃。

実際に行ってみた感想を書いてみます。

今回はボールド(ワークスアプリケーションズのグループ会社)に面接へ行ってきました。

スポンサードリンク

まずは募集要項について

仕事内容:経験やスキル、希望に合わせて、スマホアプリやWebシステムなどの開発やネットワーク・サーバの設計・構築・運用のプロジェクトに着任する。

→依頼者側のオフィスで勤務することになります

応募資格:■システム開発経験1年以上、もしくは、インフラ系システム関連の運用などの実務経験をお持ちの方

→ITの経験なら何でも良いようですw

勤務地:東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の各プロジェクト先

給与:月給25万円~50万円
★SE・インフラ構築経験者は月給30万円以上を想定しています。

その他注目する点:半年ごとに昇給のチャンスあり

まあIT系で今一番よくある「正社員雇用した要員を他社へ派遣して利益を得る」タイプの募集要項ですね。

これは本当に着任したプロジェクトに良し悪しが左右されます。

ロクでもない常駐先ならもう地獄です。

入社を決めるためのポイントは?

こういった会社の場合、「外に出ている社員をどういう体制でフォローしてくれるか?」これを面接時に聞いてください。

「いやいや、そんなこと聞いたらメンタル弱いと思われますやん」って思ったそこの方。こういった内容を無視するから鬱になったり、離職が激しい世の中になるんですよ。

もし明確な回答が得られなかったり、フォロー体制が無いような会社は行くべきではありません。

もちろん私もボールドでの面接で聞きました。

会社としての取り組みを明確に回答頂けたので好印象でした。

フォロー体制について少し不快な返しをする会社も多かったので、すごく良かったと思ってます。

ボールドの面接を受けての感想

「定年まで働ける会社」を目指しているそうで、社員に対するフォローに関してはすごく考えておられる会社でした。

面接に出てこられた人事の方も雰囲気が良かったですね。

ただ1点不満はありました。

募集要項にあった「SE・インフラ構築経験者は月給30万円以上を想定しています。」との文言。

私自身構築経験もあり10年以上インフラ関係の業務をやっていますが、募集要項よりもかなり低めの金額提示だったのはがっかりしました。

しかも「みなし残業制」なので、給料は残業20時間~30時間を含んだ金額なので注意が必要です。

そういった条件に納得することが出来るなら「派遣型のIT企業」の中ではおススメできる会社と言えます。

給与等条件、社員へのフォロー体制は必ず確認した上で入社するか判断して下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました