ソニーの新デバイスProject FIELDの金額予想!カードゲームの新しい遊び方が始まる。

ソニーが新しい遊びを提案してきましたね。

その名も「Project FIELD」

マウスパットみたいな板にカードを乗せると、Bluetoothで連動させてるデバイスにカードの情報が表示されるみたいな商品のようです。

ソニーは12月7日、スマートフォンやタブレットを活用してカードゲームを体験を豊かにする新しいプラットフォーム「Project FIELD」を発表した。コンテンツ第1弾として、フォワードワークス、レベルファイブ、バンダイとの協業で「妖怪ウォッチ」シリーズのタイトルを開発中だ。

Project FIELDは、モバイル端末とBluetooth接続の専用パッド、ゲームアプリ、そしてIC内蔵のカードで構成される。パッドの上にカードをのせると、カードの種類はもちろん、位置や向き、動きを読み取り、ゲームアプリへリアルタイムに反映する仕組み。ゲームの進行やキャラクターの進化など、さまざまな情報をカードに書き込むこともできる。

出典:http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1612/07/news144.html

開発中なので何とも言えませんが、Project FIELDが流行るか考えられる不具合と金額に焦点を当てて考えてみます。

スポンサードリンク

小中学生向きのターゲットに思えます

ソニーにしては珍しく、どちらかと言うと中学生以下をターゲットにしたゲームのようですね。

イメージ画像が子供でしたしw

そもそも第一弾が妖怪ウォッチですからね。

カードゲームと連動してるので、珍しいカードは例のごとくプレミアが付いたりするんでしょう。

実際のゲームも通常のカードゲームとは違い、映像が連動してるので臨場感が出て楽しいかもです。

遊戯王とかやってみたいですw

ソニーの商品と言うとアレが気になる

初回出荷分の不具合が気になります。

結構ソニー商品って多いみたいなので。

考えられる不具合・困り事としては、

  • 「カードが読み込まない」
  • 「Bluetoothが繋がらない」
  • 「すぐ充電が切れて外で遊ぶのは辛い」

こんなところでしょうか。

デバイスに加え、カードも不具合を生む可能性がありどのぐらいの精度でリリースされるのか気になります。

個人的に一番気になったのは「デバイスの稼働時間」です。

恐らくリチウムイオン電池内臓かと思うのですが、一回の充電でどの程度動くのでしょうかね?

10時間ぐらいは頑張って欲しいところです。

使い方も含めて、最初はサポートセンターの電話が鳴り止まないかもですね。

発売日はいつ頃?金額は?

開発中とのことなので、まったくの未定です。

今のタイミングで発表されたので来年中には発売されそうですが、2017年の年末ぐらいでしょう。

そして気になる金額。

一番気になるところですねw

カード乗せるパッド以外の付属品ってACアダプター、接続ケーブルぐらいだと思うので「9,800円」と予測します。

あんまり高すぎると流行り難いですし、この辺が妥当と個人的には考えてます。

何にせよ続報が楽しみですね!

年末休みににプレステ4を購入検討している人は必見!無料でゲットできるチャンス!

スポンサードリンク