ITエンジニアが個人事業主になってみた。税務署で行った手続きとは?

個人事業主
スポンサードリンク

何か成功している事業がある、、、という訳ではなく会社が嫌だから個人事業主になってみた。

会社所属でないということなので、何かしら手続きが必要に違いない。

ってことで色々手続きしてきました。

思っていたよりあっさり完了しました。

スポンサードリンク

ニートではない。個人事業主だ

まず大きな項目を挙げていって準備を始める。

1.社会保険から国民健康保険の切り替え

2.国民年金の支払いを会社→個人に変更

3.個人事業の開業届。

4.所得税の青色申告承認申請書

1番と2番は最寄りの役所に行けば完了できます。

その際に、保険の喪失証明書(離職票もあれば持っていくのが良いと思います)がいるので持っていきましょう。※念のため何が必要か役所に要確認してくださいね。

開業届の書き方は簡単

そして3番。

開業届は正直最初のうちは出さなくても良いかなと思ったのですが、形から入りました。

ニートというよりも「いや個人事業主ですから」といえるほうが気分的にも全然違いますしね。

開業届は国税庁のサイトからダウンロードしてきます。

国税庁のサイト:https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm

書き方は以下のサイトが非常に参考となりました。

参考:https://biz-owner.net/kaigyou/kakikata

「開業手続きはこのサイトで作成!」みたいな宣伝ありますけど、公式で国税庁がテンプレートをダウンロード出来るよう準備しているわけですから、変なサイトで作る必要は全くないです。

青色申告承認申請書も書いてみる

青色申告承認申請書もついでに申請します。

収める税金がお得になるってやつですが、まあまだ売り上げ全くないので意味無さそう。。。

とは言え後から申請って面倒ですし、開業後2か月以内にやらないと手遅れと書いていたためついでにやったほうがよさそう。

開業届は国税庁のサイトからダウンロードしてきます。

国税庁のサイト:https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/09.htm

書き方は以下のサイトが非常に参考となりました。

参考:https://biz-owner.net/ao/shinseisyo

書くのが完了したら持っていくだけ

開業届と青色申告承認申請書が書き終わったら最寄りの税務署に持っていきましょう。

結構時間が掛かるかと思ったのですが、数分で完了します。

あっけない。。。。

屋号も決めたので気分は社長ですw

今後細かい手続きや準備は必要な時にやっていこうかと思いますが、まずは認知されるように営業活動も必要でしょう。

まだまだ先は長い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました