40歳での転職ムリ説は間違っている!会社に依存する働き方はもう古い!

Sponsored Links

35歳転職限界説、40歳転職ムリ説。

もはや死語と言って良いでしょう。

なぜか?

売り手市場とかそんなもの抜きにして、「スキルを重視する採用基準」に変わりつつあるからです。

というかもう変わってるか。。。

能力のある人は年齢関係なく必要とされるものです。

逆に言うと、

能力が無ければ若くとも切られる。

シビアな世界になってきました。

「お前みたいな中年野郎なんてどこも採用しねぇよ!」

はぁ????

そんなことを言われるような会社なんてさっさと見切ってやりましょうw

スキルはどのように付けるのか?

なかなか良い記事があったので紹介します。

「能力やスキルは『やりがい』から生まれるもの。人生で何を成し遂げたいのか、主体的にゴールを設定することが大切。ゴールから逆算して、いまの仕事を位置づけていくのです。そうすればやりがいを持ち続けられますし、報酬がついてくる可能性も高まります」

引用:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53061?page=3

これはまさにその通りだと思います。

なんの目標もなく仕事をしていると「会社に切られて」しまいます。

自分を軸に面接や仕事を選んでみたくありませんか?

面接官A「んー、転職回数多いですね」

面接官B「退職理由は???」

面接官C「こんなに転職しているようだと、次もすぐ辞めるのでは?」

俺:ほっとけやw じゃあ辞退するw

こんぐらい言えるようになりたいですね。

というか私は面接で不快な気分になった会社はすべて断ります。

もうアラフォーのおっさんですが、「転職が不可能」なんて思ってませんし自分の経歴にケチをつけられるようなネガティブな面接を行う企業なんてこっちからお断りです。

少し脱線しましたねw

とにかく、スキルはやりがいが生むもの。

そしてそのスキルは40代転職ムリ説なんて吹き飛ばすものであるはず。

まずは自分のスキルを棚卸して、自分軸で転職を進められるようにしましょう。

そうすれば必ず光は見えてきますよ。

Sponsored Links
Sponsored Links
関連コンテンツ

フォローする

Sponsored Links