システムエンジニア(SE)の残業時間はどのぐらい?土日休めるの?

残業時間
スポンサーリンク

システムエンジニア(SE)を含めたIT系の仕事って残業時間が多いイメージありませんか?

実際私もまさにシステムエンジニアをやっていたので、正直残業時間が多かった時期がありました。

それこそ土日出勤、徹夜続きなんてことも・・・。

 

帰れねぇ。。。

 

ただ最近は働き方改革の影響から、そこまで残業時間が多くない会社も増えてきました。

私の経験も踏まえたシステムエンジニアの残業時間の実態を説明していきます。

【この記事の内容】
・システムエンジニア(SE)全体の残業平均
・なぜシステムエンジニアがブラックと言われるのか?原因と実態について
・残業が少ないシステムエンジニアもいる
スポンサーリンク

システムエンジニア(SE)全体の残業時間ってどのぐらいなの?

かなり多いと言われているシステムエンジニアの残業時間ですが、かなり良い調査資料があったので紹介いたします。

情報産業労働組合連合会が出している「ITエンジニアの労働実態調査(2018年)」という資料ですが、これを参考にシステムエンジニア全体の残業時間を見ていきましょう。

【1か月どのぐらいの残業時間が発生したか】

回答企業の職種

合計311社にアンケートを実施

内訳:「ソフトウェア開発」(55.6%)、「SIサービス」(21.2%)、「情報処理サービス」(11.6%)

残業時間の調査結果(回答件数211社)

60時間以下:10.0%

60時間~80時間以下:57.9%

80時間超~100時間以下:25.8%

100時間超:6.3%

引用:https://www.joho.or.jp/tyousa/2018digest.pdf

今回のアンケートが「ソフトウェア開発」「SIサービス」「情報処理サービス」からの回答なので、プログラマーやシステムエンジニア・ヘルプデスク等すべての職種を含んだ形になります。

残業時間の多さで言うと「システム開発系 > 保守系」という結果も出ています。

システムエンジニアやプログラマーのほうが運用系より残業が多いということですが、それにしても9割以上が60時間の残業って。。。

めちゃくちゃ多くないですか?

普段の残業に加え土日も勤務していることが予想されます。

IT系エンジニアの方は麻痺していて分からなくなってるかも知れませんが、個人的に異常な数字と感じてます。

そして求人に「うちの会社は残業時間少ないよ!」と押し出してる会社ってほんとなのか?という少し疑いの目を持ってしまします。

スポンサーリンク

なぜシステムエンジニアがブラックと言われるのか?原因について

私が考えるシステムエンジニアがブラックな理由として、

・営業がキャパオーバーな案件を持ってきて炎上。結果徹夜
・会社として残業の多さを問題として感じていない場合がある。結果現場が辛くなる

この2点と考えてます。

営業がキャパオーバーな案件を持ってきて炎上

私の場合これが一番多かった。

当時の所属していた会社は明らかに「営業 > エンジニア」という図式でした。

明らかに人員や諸々のリソースが足りない状況にも関わらず業務をやらされる。

納期も短い。

スケジュールに無理があると反論するが受け入れられない。

炎上し残業、そして徹夜。土日も出勤

こんな流れです。

2019年夏に問題になった7pay(セブンペイ)事件。

7payも7月1日のリリースにどうしても間に合わせたい、ファミマに後れを取ってはいけない、そんな上層部の勝手な判断が先行しテストも十分に出来ず炎上という噂もあります。

営業(上層部や権力者)とエンジニアが上手く連携できないと炎上するよい例です。

IT系の企業に多くみられる炎上ケースですね。

会社として残業の多さを問題として感じていない場合がある。結果現場が辛くなる

同じ資料で「経営課題についての認識と企業による取り組み状況」という項目があり、時間外労働について問題意識を持っていない企業が7.4%もあったことが驚きでした。

企業がこれだとそりゃシステムエンジニアは残業が多くてブラックなんて言われますね。

私が当時いた会社も現場のエンジニアが残業しようが土日出勤しようが、お構いないし。

納品が絶対優先。

納品が大事なのは分かるけど、営業ってのは交渉できないのかと毎日疑問に思ってました。

人として見ていないんでしょうか?社員(エンジニア)は物じゃないですよ?

結局私はその会社(大手人材派遣系のグループ会社)を退職しましたが、良かったとおもってます。

スポンサーリンク

残業が少ないエンジニアもいる。会社や職種を見極める

「ITエンジニアの労働実態調査(2018年)」にも結果が掲載されていますが、この図式は重要。

残業時間は「システム開発系より保守系のほうが少ない」

保守系でもトラブルがあったら当然残業は発生しますが、基本的に冗長化を組んでいるシステムがほとんどなので、毎月60時間以上残業というような過酷な環境はあまり見かけません。

「残業時間を抑えて働きたい・土日はしっかり休みたい」という方は、ITエンジニアの中でも保守系の仕事をおススメします。

ただ会社自体がブラックだとどうしようもないので、ブラック企業かホワイト企業なのか予め調査してから入社の判断は行いましょう

残業や土日出勤をして自分の時間を無駄にする時代はもう終わりましたよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました