ストアカで第2の収入源を作る方法というセミナーに参加した理由。コピーライターとして仕事したい!

セミナー
スポンサードリンク

何だか毎日満員電車に乗って仕事するのが、辛い。

インターネットでなにかビジネスできないかな?

ほほう。

文章を書いて生業としている人もいるようだ。

コピーライターとか憧れるな。

どこでも仕事できるノマドワーカーになりたい。。。

こんな風に考えたことありませんか?

私は常に考えていますw

フリーランスのエンジニアをやってはいるものの、どうしても場所と時間に縛られてしまうのがネック。

やはりコピーライターとして仕事ができるのであれば、場所も選ばずに収入を得ることが出来るので理想的。

とは言え全くノウハウも無しにコピーライターで収入を得るのは無謀というもの。

今回「第2の収入源を作る方法」という野口真代さんのセミナーに参加してきました。

もし参加に迷われている方がいれば、この記事を参考にしてもらえると幸いです。

スポンサードリンク

コピーライターとして仕事をするメリットとは

前置きでも少し触れましたが、まずはコピーライターとして収入を得るとどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

・インターネットさえあればどこでも作業が可能

・嫌な上司と顔を合わせなくて済む

・お客さんを選ぶことが出来る

・努力次第で収入アップ可能

・毎日決まった時間に出勤することが無くなる。満員電車とおさらば。

大きなメリットはこんなところでしょう。

メリットだけ上げると、

「すげー、今すぐやりたい!」

と思いますが、私もブログの運営を行ってきて簡単にいかないことは分かってます。

コピーライターとして仕事をするデメリット。そしてセミナー参加

ではコピーライターとして働きたいけど、どんなデメリットがあるのでしょうか。

私が実際ブログを運営してきて辛かったことを書いていきます。

・成果が出るまでかなり時間が必要(1万円稼ぐのに半年掛かった)

・ブログ運営だけで1万円~3万円で行き詰るので、何をすれば良いのか途中迷子になる

・実績が無いので依頼が来ない

・結局満員電車に乗って常駐エンジニアをやる羽目になっている

なかなかしんどいです。

やっぱり、

大きく稼ぐのには工夫と努力と継続力が必要です。

じゃあ具体的にどうすれば良いのか?

私も行き詰ったので今回セミナーに行ってみました。

第2の収入源を作る方法セミナーに行ってみた

セミナーに行こうと思った理由ですが、雇われたくない人の「ゆるゆるスモール起業」のススメという本を読んだのがきっかけです。

この本の中にストアカというサイトが紹介されていました。

「その道のエキスパート達が格安でセミナーを行っている」って内容のサイトがストアカです。

そこでマーケティングやコピーライター、集客というような内容で調べていると、

全国の人気講座ランキング1位 「第2の収入源を作る方法」

そんなタイトルが目に飛び込んできて、金額も2,000円と良心的。

さっそく予約して行ってみると。。。

満員で超人気のセミナー

夜の20時開始だったと思いますが、貸会議室に30名びっしり埋まっていて驚きました。

ストアカ人気講座ランキング1位は伊達じゃない。

肝心の内容ですが、結果から言うと

すごく良かったです。

・コピーライターとして求められる能力

・記事を書くのに時間が掛かる。効率化の方法はこれ!

・ぶっちゃけどのぐらい儲かるの?

・どうやったらコピーライターとして仕事取ってこれるの?

・未経験でも〇〇万円頑張り次第で稼げるよ

※細かな内容を言うと、著作権の関係もある為項目を私なりに変更して紹介しています。

かなり具体的な「コピーライターとして生きていく手段」が紹介されていました。

野口真代さんはストアカでいくつかセミナーを出されていますが、まずは「第2の収入源を作る方法」から受けてみて、納得する内容であれば別のものも受けて良いと思います。

実際私は他のセミナーも受けています。

第2の収入源を作る方法セミナーで得たこと

コピーライターとしてどのように行動すれば良いか?

そんな内容が語られていて、すごく参考になりました。

〇分〇秒の法則、ブログ記事作成の際に私もつかってます。(気になる方はストアカで予約して実際に聞いてみてください。)

今回は文章の書き方等テクニックについて話されておらず、別のセミナーで行っているという感じでした。

コピーライターの仕事って気になる。

フリーランスで働くことに興味がある。

コピーライターの卵たちと情報共有したい(自己紹介する時間がある)

こんな方々におススメできるセミナーと断言できますので、是非興味があればお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました