androidのバッテリーをアプリ入れて減りにくくしてみた

andoroidスマホはバッテリーが減りやすいという話

どうも文系エンジです。

最近iphone→androidに機種変更しました。

まあ動機は、

  • ソフトバンクの2年縛りが終わり解約月が来た
  • 回線料金が高いから変えたいと思っていた

ってな内容なんですが、一つ懸念点がありました。

androidスマホ持ちの人って「バッテリーすぐ減る」って言ってたような・・・

随分前の話ですが、エクスペリアやアクオス持っている人たちが「何もしなくても、夕方にはバッテリーが1桁になってる」ってことを良くいってました。

「もしかしたら、充電器携帯しないといけないのか・・・」

なんて思ってたのですが、いまのところ全く問題ないです。(ちなみに端末はHUAWEI P9)

でも以前iphone6 plusだったのですが、それよりも少し減りが早いかなーなんて感じてました。

そしてとあるアプリに行きつきました。

androidの人たちはこれ入れとけ!

スポンサードリンク

“JuiceDefender”

これ是非入れてみてください。

androidってスリープ中も何かしらの通信を行っているんですが、このアプリを入れることでその通信を「15分に1回しかスリープ中に通信しない」「30分に1回しかスリープ中に通信しない」とかに設定できるのです。

恐らく「なにもしなくても充電減ってる」ってのはスリープ中の通信が原因だったのかなーってな風に思いました。

設定ですが「status」のタブに移動して「juicedefender」と書いている下にある「enabled」をタップしてください。

その後「Profile」の「balanced」か「aggressive」をタップして緑色にすればOKです。

「balanced」よりも「aggressive」のほうが通信回数を抑えてくれるようですね(メールのプッシュとかも来なくなる可能性があるので注意が必要です。

バッテリーだいぶ持つようになりました。

元々満足はしてたのですが、このアプリでさらに持続力が増しました。

夜23:00ぐらいでも半分はバッテリーは残っている感じで大満足です。

もし「最近バッテリーの減りが気になるなー」というandroidスマホ持ちの方はぜひ試してみてください。

ではでは。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

フォローする

スポンサードリンク