平口結貴のクラウドファンディングは成功する!?結局身内の馴れ合いになってない??

ビリヤードのプロ(最年少なんですかね)平口結貴さんが北海道日本ハムファイターズと面白い試みをやっているので、少し書いてみます。

【目指せ!世界チャンピオン】世界で活躍してビリヤードの認知度を高めたい!

最近流行ってるクラウドファンディングってやつをやっています。

しかも1週間足らずで目標額の140万円突破。

すごいですね。

140万どころか200万までいくんじゃないでしょうか。

でもね。。。

まあダラダラと書いていきます。

世界チャンピオンに私はなる!

今回なぜクラウドファンディングを始めたかという経緯について、サイト内でこのように語ってます。

①25歳までにビリヤード世界チャンピオンを目指したい!

現在でも海外遠征を繰り返し試合に出ていますが、「25歳までには世界チャンピオンになる!」という目標を明確に設定し、さらに世界での経験を重ねます!

②スポーツ競技としてのビリヤードの認知度をあげる!

ビリヤードプロとして、国内外の試合で結果を出したり、世界チャンピオンになることで、ビリヤードをスポーツ競技の一つとして認識してもらえる機運を高めます!

そして、自分が世界で活躍する姿を若い世代のプレイヤーにみてもらうことで、プロを目指してもらえるようになれたらと思っています!

引用:https://faavo.jp/hokkaido/project/3288

ってことらしいです。

そして集まったお金は、

「本プロジェクトの支援目標金額は、海外遠征費用として140万円を予定しています。」

海外遠征費に充てるということですね。

んでページを読んで私的に要約してみました。

・ビリヤードの賞金安すぎて赤字続き

・赤字ばかりで遠征費が厳しいから何とかしたい

・遠征費さえ何とかなれば世界の試合もいけるし上手くなれる

・そうなれば世界チャンピオンも夢じゃないしビリヤードの認知度あがる!

なんだか若くて良いw

成果報告は絶対してほしい

まあ個人の意見で申し訳ない、というのを前置きしておきますね。

私の気になることを少し。。。

【集まったお金本当に遠征費に使うのか?】

まずはこれ。

少なくとも人から集めたお金なわけですから、透明性は保ってほしい。

クラウドファンディングって一種の投資ですよね。

投資家は「平口結貴」というブランドに魅力を感じてお金を投じるわけです。

株式会社平口結貴なわけですよ。

何が言いたいか。

それは

絶対に成果報告をすべき。ということ

なぜそう思うかって??

だって、

「海外遠征をたくさんして経験を積めば世界チャンピオンになれる。なので協力して(金貸して)ください!」

協力してくれた人に成果報告するのは私的に義務と思ってます。

ビジネスってそういうもんでしょ。

そうじゃないなら、これはクラウドファンディングではなく、ただの平口結貴が好きな人たちによる募金活動でしかない。

それで良いのか??

その程度のことが出来ないなら、正直こういった企画はやるべきではないと考えます。

稼げるビリヤードプレイヤーを目指してほしい

文句っぽいこと書いてるけど、基本的には応援してますよ。

だって今まで存在したビリヤードプロでこんなことしていた人いないですからね。

変化して前を向いている若い人って良いですから。

平口結貴さんはただのビリヤードプロってよりも、もっと貪欲に金を稼ぐことが出来るプロになってほしいなー。

お金面で「ビリヤードのプロって稼げるんだ。。。」ってなれば、活性化もされるし若い人も多くなると思うんですけど、先は長いか。。。

稼げるようになるんだったら、プロ目指して毎日ビリヤードするわw

スポンサードリンク